2004年02月20日

ベルと散歩道

今日の朝はしんぺーからの電話で始まりました。
昨日泊めてとゆわれたのだけど、ちょっと泊められなかったのです。語りたかったらしく、朝から話しこみました。基本的に電話魔な彼はいいやつです。日記でへこんだこと書くといきなり電話してきます。いい友だちを持ったもんです、ほんとに。

その後は散歩に行きました。薦められたので、散歩日和だと。となりの駅まで歩きで行って戻ってきたんですが、ほんと散歩日和でしたね、今日は。空は雲一つなくて、小春っぽいちょっとすれた感じの青色で。気持ち良かったです。途中、白梅と紅梅が咲いているのを見つけました。実家の梅もそろそろ咲いて、枝垂れ桜にはつぼみがついているのだろうと思いました。春っぽくなってきてよいですね。ちー、散歩を薦めてくれてありがと♪


街は哀しいと思った
それはふらっと独りで散歩に行って
ふらっと本を一冊買って
ふらっとはいったスタバで読んだからかもしれなくて
無性に人恋しくなった
こうゆう時は感情をうまく押さえられなくて
いつもは独りでいるのに慣れてるくせにね
posted by hiro at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。