2005年03月20日

卒パ

今日はてのひらの卒パ。

卒パの前に卒業生たちにあげるブーケを買いに行きました。予約をしていたので手早かったし、2人で行ったので運ぶのも楽でした。卒パでは卒業生さんたちの料理がおいしかった。いやー、みんな料理上手なんですね。そういえば、さりげなくチェックしたけどコンロは部屋になかったな。再来年パスタを作ることはできなさそうだ(笑)卒パの最中には足りないブーケを買いに行ったりもしたけど、ゆったりできました。
卒パ中にすぐるさんと話したんだけど、すぐるさんからは心理職の視野を広げた方がいいんじゃない?、と言われた。実際に心理的な職のことを聞いておもしろそうだと思ったけど、なんとなく自分にはあわないんじゃないかと思った。そもそも俺が国家公務員の心理職もいいんじゃないかと思ったのは、サイコチックな人々を実際の治療ではなく、社会制度を変える側から手伝うことができるんじゃないかと思ったから。国家公務員の心理職は就くことの目標ではなく、その側に就くためのある種の手段と考えていたから。そういう意味ではやっぱり興味がある心理職は純心理職しかないのかな。ただ国家公務員の心理職では社会制度を実際に変えていけるのかが未だ謎。一番影響力があるのは政治家だけど、そんなものになりたくないし、俺がやりたいことを公約としたって当選できるはずがない。それならやはり行政職か法律職の方が可能性が高そう。あとは大学教授になって委員会の委員になるとかね。道は遠い。
今日のパスタ。トマトソースとバジルのパスタ&牡蠣とルコラのパスタ。トマトソースがおいしい。普通のトマトホールなんかと全然違う。裏ごししてあるからまろやかだし、味も甘みと酸味が混ざってて、深みがあった。具がバジルだけなのにとってもおいしかった。牡蠣とルコラのパスタは牡蠣がおいしかった。牡蠣ってパスタに合うのね。
posted by hiro at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。