2006年09月26日

ベルギー王立美術館展

ベルギー王立美術館展に行ってきました。

今週は大学がカリキュラムの関係で休みなのです(ちなみに大学は9月から始まっています)。電車の広告で見て気になってたので行ってきました。なかなか面白い企画展でした。中心は17世紀から19世紀前半の絵かな。その分写実的な絵画や宗教・神話的な絵画が多かったです。シュルレアリスムの絵もあったけれど数は少なく。
個人的にはもっと現代的な絵が多い方が楽しめたかな。写実的な風景画や人物画も好きだけれど、インパクトが若干足りないと思います。過去の文化や風習を研究するにはとてもよいのだろうけれど、もの想いに耽るには写実的すぎる。その点で現代的な絵が好きです。しかし、写実的な絵を観ていて思ったのだけれど、あのような絵はその現実を残すために描かれたのでしょう。人は必ず忘れてしまう生き物だから。多少記憶に残せても、本当にその時その瞬間の体験は残せない。写実的な絵が描かれたのはそのような瞬間を永遠にとどめておきたいという人間の欲望からではないでしょうか。特にその時代は貴族が絵描きを囲って自分の肖像画などを残しておく時代だから、権力者は自分の影響力や自分の存在を残しておきたいという欲望が強いのでしょう。秦の始皇帝が不老不死の薬をどうしても手に入れたかったというのは有名な話。しかし、なぜ権力者はそうまでして生きたいと願うのでしょうか。権力にはそれだけの魅力があるのかな。
ところで、企画展とは別に国立西洋美術館の常設展も観てきました。はっきり言ってボリュームがあり過ぎです。しかも集められている絵画・彫刻も良いものが多い。あれで一般420円は魅力的でしょう。時間がある時にふらっと寄るのにちょうどいいかもしれない。
ベルギー王立美術館展のほかに常設展も観るのなら時間に余裕を持って観に行くことを勧めます。私は3時間と少しかかりました。しかも最後は閉館時間のアナウンスに促され早足で。

今週はあとダリ回顧展に行く予定です。最近美術館に行き過ぎですかね。けれど、最近どうも一人でいるとどうやって時間を使うのかが難しいのです。だから美術館に行くという。以前よりも一人でいる時間の使い方が下手になった気がします。
posted by hiro at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国立西洋美術館の常設展は本当ボリュームあるよね。
周るのにすっごい時間かかった記憶あるし。

私もダリ回顧展はいつか行くつもりだよー☆
なんか行ってるものが色々かぶってるねw
(ピカソとモディリアーニは私が真似ただけだけど)
Posted by aya at 2006年09月27日 22:35
>aya
ボリューム満点だった。歩き疲れたよw

行ってきたよダリ回顧展。
混んでるから平日の早めの時間に行くことをお勧めするわ。
色々かぶるということは関心が似てるのかなー?
Posted by ひろただ at 2006年09月28日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。