2006年09月28日

家守綺譚

家守綺譚


梨木香歩の新刊が文庫で出ていたので、上野に行く道すがらに読みました。
おもしろかったです。今までの梨木香歩の作風とはちょっと異なった感じで。梨木香歩といえば、女の子の思春期心性をとても上手に、まるで未だにその心を自分の中に持ち得ているのかと思うほど鮮明に特有の不安定さ、残酷さ、やさしさ、愛情の目覚めなどを描写する小説家だと思っていましたが、このような小説も書けるのかと驚きでした。でも、すんなり作中世界に入れるし、読みやすいです。
簡単にあらすじを書くと、早世してしまった友人の実家をふとしたことから管理することになった主人公が接する日常の不可思議な生活を送る話です。早世してしまった友人がさらっと出てきたり、犬や狸、鬼が出てきます。
この作品は日本語が美しいと思います。日本の庭の風景描写も。庭に生えている草花を描く場面がよく出てきますが、日本の情緒深さを感じさせます。どこかの首相ではないですが、このような作品を読むと日本は美しい国だったのだなぁと感じます。
posted by hiro at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104479808

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。