2006年10月04日

alfred and cavity

alfred and cavity


私が聴愛するバンド、the band apartのNew album。
今作も前作に劣らず、むしろ前作よりも音楽性が進化していて、とても聴きごたえがあります。
このバンドの好きなところは、ギターのカッティング・裏メロ・アルペジオの美しさです。音それ自体はかなり尖っていて荒々しいのに、そのハーモニーはきらきらしていて美しいものがあります。歌のメロディラインも極端に印象づけるようなものではなく、ふわふわしているような揺らぎがあるように感じますが、それがまたよい。ドラムやベースを含めて全体的に音は澄んでいるわけではないけれども凛としてピンとはっている感じ。緊張感が感じられます。
今作には捨て曲などないのではないかというくらい良曲ぞろいです。一聴の価値あり。
posted by hiro at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。