2006年11月29日

無意識の発見

無意識の発見 上 力動精神医学発達史
無意識の発見 下 力動精神医学発達史

ついに読み切りましたよ。無意識の発見。上下合わせて1100ページ以上の大著。2週間くらいかかった。しかし、読む価値は絶大。深層心理学方向の勉強をする上で読むことは欠かせないのでは?

内容は副題にある通り、力動精神医学発達史。未開の地のシャーマニズムなど、おそらく歴史に残る以前の医学の萌芽から始まり、ガスナー神父、動物磁気、催眠術、ジャネ、精神分析、アドラーとユングまでを時代&文化背景と照らし合わせて記述している。おそらくただ歴史の流れを追った医学史や各人の伝記などはそれぞれあるだろうけれども、本書の特色は各人が当時の時代精神や同時代人とどのように相互影響を与えながら発展していくかを述べているところではないだろうか。それに伴い、地理的な範囲も厖大に広がりまさに欧米すべてにまたがって書かれている。
本書を読むと、通俗の説と異なり、上記の偉人たちも時代精神の流れの中で必然とも言い得るような理論を確立させていったことを痛感する。例えばフロイトのリビドー論は各界から性的だという理由で大批判されたと言うけれども、むしろ当時はそのような性理論がヨーロッパ中に噴出していたことを知る。他の学者たちも時代が先んじていたところに出現している。また実はそのような理論はより先の時代に発見されていたことの再発見であることもわかる。その多くは動物磁気の時代から記述されていたことだった。

そのように考えると、本書が筆を止めた時点の後(第二次大戦後)の心理療法の発展もすべては時代精神が要請したものであり、おそらく先の時代にまた舞い戻るような発見が延々と繰り返されているのではないだろうかとも思える(生物学的精神医学は別として)。例えば最近よく言われるEBMとNBMはかつての啓蒙精神とロマン主義との対立と結局変わらないのだろう。その点では力動精神医学は弁証法的発展をみせられていないようである。
また現実に生きているとなかなか実感できないが、どうも9.11以後の世界と中東で起こっていることは第一次大戦と第二次大戦前の世界と近いのではないだろうかと本書を読んでいて感じてしまった。大戦前の時代に実際に身を置いていた訳ではないのでその感覚はわからないが、本書から受けた印象はどうも近似性がある。それなのに危機感を覚えないのは平和ぼけなのかもしれない。かつてのような恐ろしいことが起きなければよいけれども。今の北朝鮮は戦前の日本に近いようにも思うし。
結局、どのような分野においても歴史は繰り返すのかもしれない。例え歴史を学んだとしても。そうだとすると人間は進歩するのではなく、円環状に巡り歩いているのかもしれない。
posted by hiro at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104479789

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。