2006年12月10日

年末に向けて

しなければいけないことがいくつかある。

まずは今年は早めに年賀状の準備をしたい。今回は大学を去ってしまったためゼミの先生にも送ろうかと思うし、友人たちにも送らなければならない。図案を考えなくてはいけないが特別考えていない。来年はイノシシ年で年男だがいいものが思いつくだろうか。ちなみに男は本厄である。
大掃除。家事においてもっとも苦手なもの。我が家は壊滅的なまでに汚い。しかし、どうしても掃除をする気が起きない。なので大掃除は一挙に片付ける好機。来年はもっと掃除を習慣づけられるようになりたいな。この間、女の子から掃除ができる男はポイントが高いと言われた。
年末はテスト時期でもある。上の予定もテストの準備をいかに終わらせるかにかかっている気がしないでもない。勉強する気も微妙に起きない。どうしたものかね。だれかやる気を起こさせてください。

どうでもいいが、今度岩波書店からフロイト全集が出るらしい。現在日本でスタンダードなのはフロイト著作集だが、実はこれは微妙に取りこぼしがある。岩波のは全論文をおさめる腹づもりらしい。しかし、どう考えても訳者が微妙である。名前をみたが哲学者が中心なのではないか?知っている人は新宮一成(ラカンより)くらい。誤訳もあるとはいえ当時の一線の精神科医が中心となって訳したフロイト著作集の地位は揺らがないだろう。北山先生が新たにフロイト全集を作りたいという計画を持っているらしいが、いつになるのだろう。早く出してくれないものか。それよりもやはり世界基準のstandard editionを読むべきなのだろうか。
posted by hiro at 10:06| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もしくはユーが全訳しちゃいなYO!!
Posted by さとき at 2006年12月10日 16:44
>さとき
読むならまだしもそれは面倒だなぁ。
あんまりお金にならなそうだしw
Posted by ひろただ at 2006年12月10日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。