2007年02月25日

精神科臨床での日常的冒険

本当に更新が多いですね。

精神科臨床での日常的冒険?限られた風景の中で


かつてのロールシャッハの授業の課題の本。内容は院内誌に書かれたものが元になっていることもあり、エッセイ形式になっている。患者さんとの交流、家族との応対、ナースなどのスタッフとの協同などから思いついたことや夢想したことが書き留められている。
精神科医としての経験に基づいて書かれているため、もしかしたらある域に達した精神科医ならば当たり前のことばかりかもしれない。だが私はなぜか何度も読み返したくなってしまう。おそらくそれは臨床現場に理想や憧れを抱いてしまう時に、やさしくも冷静に実際の精神科での一般的な臨床(外来・入院含む)を突きつけてくれるからであると思う。登場する者も主に統合失調症の人たちとその家族である。寛解に至る例は少なく、回復と再発を繰り返す経過や悲しくも自殺してしまう例が多い。心理療法の場面はまったく描かれていない。
私は心理療法を指向しているけれども、現実になるのはまず第一に精神科医であり本書に描かれているような患者さんを相手にし治療をしていくのだろう。そしてそれが一般的な精神科医の姿なのだろう。まず私が学んでいかなければならないことが描かれているために身が引き締まる思いになる。さらに著者のような精神科医になりたいと私は願う。それは例え外来診療という10〜15分という短い交流でも患者と心を通わしている治療者が描かれているからである。けっしてそれは狭義の意味での心理療法とは異なるかもしれないが、まぎれもない心理療法であり患者の治療に一定の効果を与えているだろう。氏原寛はある書物の中で一般的な臨床心理士と一般的な精神科医の心理療法の力量は後者の方が依然として優れていると書いた。それはこのような経験を数多く積んでいくためだと思われる。また最近、初診の重要性を強く認識しているが第2部ではさまざまな初診の例とそのとき心得ておくことが述べられているので役に立つ。
精神科医として臨床に関わらない人にとっては、精神科医の実際的な臨床がどのようであるかを知ることが出来る。心理臨床の現場に出ればほぼ必ず精神科医との関わりがあるだろう。薬物も治療に必要とあらば精神科医に紹介しなければならない。そのとき精神科医の実際の臨床を知っていることは意思疎通に役立つに違いない。もちろん著者は精神分析的訓練を経ているため精神分析に基づく精神科の実践であり、他の学派の精神科医の実践とは多少異なるかもしれないけれども。けれども学派によらず患者の心理を理解することに努める精神科医なら同じような思いを抱くのではないだろうか。薬物だけに頼る精神科医は別として。
posted by hiro at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。