2007年03月13日

対象喪失

新書だが深い。

対象喪失?悲しむということ


今は亡き小此木先生の著書。書かれた時代からだいぶ経つが内容は色褪せていないと思う。
本書の主題である対象喪失とは、典型的な例は近親者との死別だが他にも失恋、失業、受験の失敗、身体機能の損失など幅広い概念である。そしてそのような事態に接したときの心理を精神分析的な視点から説明し、本当に悲しむということはどのようであるか、悲しむことがうまくいかなかったときに陥る状態とはどのようであるか、さらに本当に悲しめない人が増えていないか、ということを書いている。
精神分析的な視点というと敬遠されるかもしれないが、あまり理論的なことは書かれておらず実際の感情やその移り変わりについて説明しているためわかりやすいし、自分の実際の体験とも照らし合わせることができる。例えばまず喪失した際には相手に頼っていた程度によるが精神的に不安定な状態になる。さらには喪失した運命に憤り、実際に失われた人やものを恨むようにもなる。同時に思慕の情も思い出され、葛藤の状態に置かれる。それらを乗り越えて後、喪失したものの悪い面をも含んだすべてを受け入れ悲しみながらも前に進むことができるようになる。このように書かれれば自分の体験から似たような状況が思い出されないだろうか。
悲しむためには自分の心の中で別れた人やものについて思いめぐらせることが重要と説くが、同時に通常の生活も営わなければならない。しかし、通常の生活を営むことに集中しすぎると実際に悲しむことはできない。逆に悲しむことに心奪われると日常生活を送ることができない。そのため両者のバランスが大切だが、現代社会は悲しむことを遠ざけていないかと著者は書く。おそらく書かれた当時よりも現在の方が日常生活にすぐに適応することを求めているのではないだろうか。本書の提言はむしろどんどん重みを増しているようである。本書は以前に読んだことがあるが、以前に読んだときに比べると理解の深さが確実に異なった。以前は本書に描かれている心理過程にただ寄り添うだけでわかったようなつもりになっていたが、今回は実際にそのような心理過程を味わいながら、一喜一憂するようだった。以前に比べると私的な対象喪失の経験が豊かになっているためだと思う。このことは心理療法においてクライエントを理解できる幅は治療者が自分を理解している幅であるという言葉を思わせるし、その真実性を強く印象づける。
posted by hiro at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。