2007年03月21日

それから

祖母が亡くなりました。

先週の土日にお通夜・葬儀とありました。いろいろと思うことはあるのですが、ここでは少しだけ。まずは参列者が多かったことが嬉しかったです。お年寄りの女性の葬儀となると仕事をもってないこともあり参列者が少ないそうですが、かなり多くの参列者に来て頂き祖父母の人徳を感じました。
近親者が亡くなるという遺族にとっての喪失体験の大きさも感じました。孫、子どもにとっても大きいですが、やはり祖父が一番辛そうで。あと葬儀の忙しさなどは直接喪失体験を味わうことを少し遠ざける役割があるのだろうと再確認しました。
あとは葬儀に接したとあって、解剖実習で勉強させて頂いたことに関して感謝の念を強く持ちました。葬儀に出すことや入棺も行えないことがご遺族の方々にとってどれほど心苦しいことかがいまさらながら実感できました。今までは言葉の上での感謝しか持っていなかったと思いますし、逆にもっと何かできたのではないかという後悔の念も起きてきます。
これ以上書いても支離滅裂になるのでこの辺で止めておきます。

また先週の土日はかつて所属したサークルの追いコン、通称卒パがありまして。参加する気満々でしたが、上記のため欠席させてもらいました。それでも料理を作ってみんなに食してもらったことは嬉しい限りです。料理に凝り出してから卒パでみんなに自分の料理を味わってもらうのは夢でしたからw 主催者の卒業生のみんなお疲れさまでした。最後の最後で参加はできなかったけれども、同じ学年だったみんなともう一度何かを作り上げようとしたことは自分にとってとても幸せな時間でした。自分がこの学年の一員であり、みんなと協力して今までやってこれたことを再確認しみんなに対して、ありがとうとがんばったねとお疲れさまというごちゃまぜになった言葉をかけたいです。他大にいってしまいこの一年みんなとあまり会えなかったにも関わらず、最後にサークルの最終学年として主催者側に回れたことは最高の思い出です。暖かく迎えてくれてありがとうw
posted by hiro at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。