2007年04月06日

オルセー美術館展

激こみでした。

オルセー美術館展に行ってきました。入った瞬間に前方に人塊を発見し、うつになりました。出てきた後は3時くらいだったのに、入場規制がかけられてて長蛇の列。最後の方の人は十分に観る時間があったのかしら。美術館は早めに行くに限りますね。
内容はよかったです。印象派で有名な美術館ということで印象派がほとんどでしたが、テーマをちゃんと定めていて、絵画と同時に芸術家その人にまで迫ろうとするような企画展でした。例えば「親密な時間」では芸術家が親しい人物を描いた作品を集め、「芸術家の生活」ではアトリエや親しい友人同士を互いに描いた作品を集めていました。
しかし、人の塊がぞろぞろと絵画の前を移動していくのを見ながらどうしてこの人たちは絵を観に来たのだろうと思ってしまいました。これは私の独断と偏見なんですが、日本人はふだん美術館に来ないのに有名な企画展だとすぐに訪れるように思うのですw(ゴッホ展しかりダリ展しかり)。なぜなら他の企画展はあまり混んでないから。ミーハーなお国柄だと思います。

この春に行きたい企画展はダ・ヴィンチ展、モネ展、モディリアーニ展、ポンピドーセンター展かな。パルマ展というのもやるらしいのでそれも興味ありますが。どれも混みそうだな…。
posted by hiro at 10:54| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいなあいいなあ!
私もポンピドーセンター展に行ってフジタが見たいよ★
私も若干ミーハーだけどw、日本人はほんと微笑ましいほどミーハーだよね。流されやすいというか。
異常な込み具合のときのげんなり感、わかる。
Posted by asako at 2007年04月06日 12:33
ポンビドーセンター展は5月までだからまだ時間あるよね。
けど新国立だからこれもきっと激こみになるんだろうな。
私はそんなミーハー日本人魂に反骨精神で流されないようにしてますw
時に流されるけど…。
一癖ある自分らしさを持ちたいね。
Posted by ひろただ at 2007年04月06日 19:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104479736

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。