2008年12月13日

オラはアメリカを許さない

まずはこれを見て欲しい↓


wikiからの引用
普通の高校生として暮らしていた悟空は、18歳の誕生日に起こった事件をきっかけに、2000年の眠りから覚めたピッコロ大魔王の世界征服の野望を阻止するため、ブルマ、ヤムチャ、武天老師と共にドラゴンボールを探す旅に出る。


どこをどう間違ったらこんな世界観が出来上がるのか。
ドラゴンボールは神様じゃなくて7人の老師が作ったとされているし(ピッコロを殺してもOK!フラグですね、わかります)。
悟空は高校生だし。悟飯のじっちゃんも生きてるし。
悟空「そんなの無理だ」亀仙人「お前しかいないyou can do it.」というやり取り自体おかしい。悟空といったら「ようし、じゃいっちょやってみっか!」が代名詞の脅威の楽天家だよ。
クリリンなんか存在自体忘れ去られているし。ピッコロ編の超重要キャラじゃないか。

ハリウッドの監督や脚本家は漫画のスジも読み取れないほどバカなの?麻生総理以下ですね。

ピッコロ編といったらこんなに熱くて感動的なんだよ↓(セリフに注目)


何が悲しいって自分はDB読んでるから「はっ!?」と言えるけど、漫画やアニメのDBを見ていない下の世代がこの映画を見て「DBってつまんなくね?原作も読まなくていいや」とか言い出すかもしれないこと。日本でそんなことが起こらなくても海外だと普通にありそうで怖い。日本漫画史上の名作なのに。

youtubeのコメントとか見ると世界中のファンが怒ってるっぽい。今からでも上映中止すればいいのに。
posted by hiro at 20:47| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。