2008年10月01日

10月によせて

10月は乳がんの早期発見、診断、治療の重要性を啓発する「ピンクリボン月間」。

日本女性がもっともかかりやすいがんが乳がん。女性の20人に1人が乳がんになるといわれ、2007年に乳がんでなくなった女性は11,323人(厚生労働省 人口動態統計)で、その約半数が30代から50代だった。
今、日本女性の20人に1人が乳がんにかかるといわている。なくなる人は年々増加し、今では1年間に約1万人。
乳がんは女性の壮年層(30〜64歳)のがん死亡原因のトップとなっているにもかかわらず、無関心な人が多いのも現状だ。
乳がんにかかる人は30代から40代にかけて急増する。ピークは40代後半。「閉経後は大丈夫」「50歳過ぎたら乳がんにならない」ということもない。また、若いからといって油断はできない。乳がんは何歳でもかかる可能性がある。
しかし乳がんの早期発見であれば約90%の人が治癒できる。決して恐い病気とはいえない。
早期発見のために、セルフチェックや検診が大切。
もっと詳しく知りたい人はこちら

しかし、乳がん以上に20代の女性に伝えておきたいがんがある。
それは子宮頸がん。続きを読む
posted by hiro at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。