2008年05月11日

近況などなど

日記書くのも久しぶりです。近況を書き連ねたいと思います。

GW
遊んでいました。ビリヤードやったり国立新美術館のモディリアーニ展に行ったり映画に影響されてチョコレートを作ってみたり。
モディリアーニ展がおもしろかったです。モディリアーニの独特な画風はけっこう好きなのだけれど、その画風の変遷の過程を時系列で追う展示で楽しめました。途中に裸婦ばっかり書いたスケッチもあるんですけど、それは裸婦を描くスクールに通っていたからだろうとわかったり。あの特徴的な目や輪郭などはアフリカなどの芸術から影響を受けているんだとわかったり。実は彫刻家になりたかったのだとわかったり。モディリアーニの人となりがわかるようでおもしろかった。
アフリカからの影響を受けたカリアティッドという丸まるとした女性像があったのだけれど、発掘された土偶みたいで印象的だった。

GW明け
初日にテスト。神経系のmajorな疾患はわかるようになりました。風邪の数週間後に手足の先がだるいなー、と思ったら注意して下さい。ギラン・バレー症候群かもしれません。
さらに再来週には循環器と呼吸器のテスト。今度はさらにmajorな病気がわかるようになるかと思います。抜歯などをした後に発熱が治まらなかったら注意して下さい。感染性の心内膜炎かもしれません。入院治療が必要です。最悪、脳梗塞になります。
あとタバコは吸わない方がいいですよー。肺がんとかになる以前に慢性のCO中毒になります。慢性の貧血のようなもので、自分の力をfullに発揮できないそうです。アメリカで喫煙者が管理職につけない理由はこれなんだとか(病気になるのは個人の問題だから)。あと保険会社は喫煙者を見つける検査を必死に開発中だとも。リスクのある人にお金を無駄に払いたくないだろうからね。

あとはひょんなことからある高名な先生の個人的な勉強会に参加できることになりました。不思議な縁というのは本当にあるものだと思います。とても濃密な時間を過ごせるので勉強になります。しかも今後さらに他の有名な先生と一緒に勉強会をするそうで、そっちにもワクワクドキドキしてます。

あと友人の女性(医学部)に赤ちゃんができたとのこと。特に周りの女性の友人を見て思うけど、自分のキャリアプランを真剣に考えている人とそうでない人がいると感じる。入学してから10 or 11年間は自分が学生と研修医をしているという具体的なキャリアがわかるし、35歳までが一応リスク低く出産できる。何年生、あるいは研修医何年目で産むと具体的&計画的な人が多い。普通は10年間のキャリアなんてわからないから、そこまで計画できない or 計画倒れになると思うけど、なんとも特殊な感じがします。みんな現場復帰のことまで考えないと高い学費も無駄になっちゃうからね。
4年時に産むのもすごいと思うけど。6年時の方がぜったい楽だろう。
その点では男の方が考えることが少なくて楽だなーと思います。何歳になっても作ろうと思えば作れるし。

そんなところですかねー。ひとまず今度のテストを乗り切ることが目標です。
それでは。
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。