2008年04月11日

月曜日はテスト

鬱です。範囲が多すぎる。

しかし、それが終われば血液の病気と膠原病のmajorなものを理解できたことになります☆

例えば。
急性骨髄性白血病は骨髄中の顆粒球系の芽球が腫瘍化したもので、FAB分類ではM0〜M7に分類されています。分類するために特殊な検査法もあって、芽球上のマーカー検査やエステラーゼ二重染色、非特異的エステラーゼ染色等があります。症状としては、貧血症状・細菌感染・出血傾向・骨痛・リンパ節腫大・肝脾腫・播種性血管内凝固などがあります。治療法は全トランス型レチノイン酸を投与する分化誘導療法やアントラサイクリン系抗腫瘍薬+シタラビンなどの化学療法があります。造血幹細胞移植も〜。。。以下略









うんざりだ。まぁでも文句を言っても始まらないので頑張ります。

ちなみに女性の方は鉄を意識的に取った方がいいですよ。女性の5人に1人は鉄欠乏性貧血らしいです。

さぁ、女友達を5人思い浮かべて。その中の1人は貧血です。
嘘か真かわからないけど、先生曰く成績不良だった女の子が鉄剤を摂取しただけで学年トップに立ったそうな。


テスト終わったら飲むぞ〜

追記
なんかだらだらとネットしてたら、渡辺謙も急性骨髄性白血病だったってね。確かに耳にした覚えはあるけど、勉強した後から知るとなんか実感が違うわ。しかも血液製剤でC型肝炎にもなっているらしい。治療も大変だっただろうな。今はあんなに大活躍しているのが素晴らしい。「明日の記憶」も自分が闘病生活をしたこともあって映画化を熱望したらしい。
ちょっとしたまめ知識でした。

さらに追記
5人に1人じゃないです。15.3%なんで10人に1〜2人ですね。
あー、本当に覚えることが多くてごちゃごちゃになる!!
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。