2008年04月22日

死と愛着と

雑記です。

死について。
新聞を読んでたら、日本は癌の死亡率を20%下げるという目標を立てているそうです。
こう言われると私は違和感を感じてしまう。
癌の死亡率を下げても、その代わりに全体の死亡率は下がらない。
ある病気の死亡率を下げたって本当の死亡率は常に100%だから。
人間は必ず死んでしまうものだから。
確かに若くして、とか50、60で癌で亡くなるという人たちに対して適切な医療行為をして生存率を延ばすっていうのはとても意味のある、必要なことだと思う。
でも、個人的には80、90の人に対して癌の死亡率を下げることにどれだけの意味があるのだろうかとも思ってしまう。
先にも書きましたが、最終的に人は死んでしまうものだから。

他の記事である大学の先生が言っていたことに、かつては大往生で亡くなっていっていたケースが医療の進歩によって一命を取り留めつつ、でも体は全然不自由で懸命にリハビリするけど、結局もとにはもどらない、みたいなものを読んだ。
確かこの話はそういう人の治療もあって救急がパンクしている関連の記事だったと思うけど。
生きたいって願う人に治療をすることは大事だけど、医師にはやっぱり死を看取るということにも真剣に向き合う必要があるんじゃないだろうか。
もしくは個人個人が自分らしい死に方を考えておく必要があるんじゃないだろうか。

医学部に編入する直前に、友人に「どんな時でも人間必ず死ぬんだよ」ということを言ったら医学部に行く人のセリフじゃないと笑われた。
でも同時にむしろそういう人に診てもらいたいとも言われた。
やっぱり医師という死と密接している職業だからこそ、本質的に死に向き合う必要があると思う。
だって死を否定してしまったら、残念ながら死が運命づけられた人さえ否定してしまうじゃないですか。

個人的には80くらいまで生きられたら、あとは心筋梗塞が来ようが脳卒中が来ようが救急車も呼ばずに死にたい。
だってもしかしたら自分が呼ばなかったら他のもっと若い人が救急車で運ばれて救われるかもしれない。
自分の孫が成人する場面を見られたり、もしくは結婚する場面まで見られたりしたら(晩婚化しているから際どいけど)文句なく逝ける。
文句なく死ねるような人生をそれまでに送っておきたい。
我が人生に一片の悔いなしと叫んで死にたい。

若干暗いですけど、医師家系の性なのか実家に帰れば両親とどういう風に死にたいかという話はよくします。
だいたい結論はある程度生きてポックリ死にたいに落ち着きます。
やっぱり死がある意味で身近すぎる職業なんでしょう。


別の話題、愛着について。
以前の日記でマクロな視点で学童期の子どもたちに対して心理的な援助をしたいという話を書きました。
でも、幼児の愛着のビデオを観て考えが揺らぎました。
愛着が障害されている子どもたちの姿を観て、予後がかなり悪く、ある一定の年齢で愛着パターンは固定されるという話を聞いて学童期の援助でも遅いんじゃないかとも思ってしまい。
もちろんそのような予後の悪い子どもたちは一部で、広く援助をするなら学童期で十分に効果があるとも思いますけど。
一番効果的なのはもしかしたら妊婦さんへの心理的援助なのかもしれない。
でも最近の飛び込み出産をするような妊婦にそんな援助は不可能なのだろうな。
そしてたぶんそういう妊婦ほど赤ちゃんといい愛着関係が築けないような印象がある。

深刻な虐待が子どもに与える傷は本当に深い。
虐待をなくしたい、子どもらしくいられない子どもをなくしたい。

たぶん自分は虐待のケースを家族ぐるみで診ることはなかなかできなさそう。
両親自身も大変であることは知的に理解できるけど、怒りや憎しみを向けてしまいそうで。
家族と被虐待児の再統合にまで関わっている先生をすごいと思った。


上記のビデオで、愛着がおかしい乳幼児が不思議な奇妙な行動をしているのを観て笑っている人もいたんだけど(確かに笑えると言えば笑える奇妙さだったけれども)、笑えなかったな。
だってその乳幼児は苦痛の中で、苦痛な関係の結果として奇妙な行動をしてるんですもの。
むしろ、やりきれなかった。
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう一つ死に関して

昨日、心理学科のA先生が亡くなったと人からのメールで知りました。

自分は社会ゼミでなかったし、社会心理学1もとっておらず、社会心理学2ではすぐに先生が闘病生活に入られてしまったので、あまり濃密な関わりをしておらず、濃密な記憶もない。

でも、今もふと思い出すエピソードが2つある。
1つは社会心理学2を取るときに、先生にメールしたこと。社会心理学1を取っていないけれども、その教科書は読了したので履修してもいいですかとお聞きした。先生はすぐに、認めてくれるメールを返信してくださった。たった一通のメールなんだけど、やさしさがこもっていたし、あのメールで先生との数少ない関わりのきっかけができた。

2つめはその社会心理学2で先生と議論したこと。もう何が自分の中でひっかかって先生に強く疑問を発したのか忘れてしまったけど、その時の印象が強く残っている。先生はあのとき本当に学生と対等に議論をしてくださったと強く思う。

そのあとは、先生が闘病生活に入られて自分も退学してしまって、それ以後関わることはなかったけれども、これだけでも自分の中に先生の記憶がある。ゼミ生や卒論生の悲しみはもっと深いのだと思う。

先の日記でも書いたけど、まだまだ生きてしかるべき人の命を絶ってしまう癌の治療法が開発されて欲しい。
死にはタイミングがあると思うけど、先生には早すぎる。

ご冥福をお祈り致します。
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

世の中怖い

これで逮捕されるような世の中は怖い。
確かに犯人も悪いっちゃ悪いが、被害者がそもそも悪い。
これくらいで被害届出すなよ、親。
警察もこんな事件以外にやることはいっぱいあるだろうによ。

http://mainichi.jp/area/shiga/news/20080415ddlk25040613000c.html
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

マクロな視点

うつ病で受診、根強い抵抗感
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=458839&media_id=4

これはおそらく文化的な面でしょうがない部分もあるのだろうけど。
けれど最近おもうことがある。

ここ数年の自殺による年間の死者は3万人越え。
その中にはうつ病の未受診者が多く含まれるとされる。

対してここ数年の交通事故死者数は1万人も超えない。

何かおかしいような気がする。
思えば、子どもの頃は毎年、毎学期に一回くらい交通教室みたいのが開催されてうるさく言われた気がする。
免許取ってからも更新するときに講義を受講する機会が多い。

思うんだけど、もっと小学校くらいから交通教室みたいに心理教育がもっと必要なんじゃないだろうか。
別にセラピーを押し付けるんじゃなくて、ストレスマネジメントとか調子悪かったら友人に相談するとか病院にかかるとか病気の話とか(罹患率高いですよ)。
最近、子どものうつ病も増えているらしいし(これはまだ実体的ではないけど)。

交通事故を防ぐように、自殺を予防するための教育って何かできないものだろうか。
子どもは絶対にうっざーと思うし、俺もやっぱりいちいちわかっていることを交通教室で言われたから退屈な時間以外の何者でもなかったけど、少しでも心に残っていればいざって時に役に立つと思うんだ。

企業研修とかはおそらく今でもやっているんだろうけど、大人ってもう考え方とか固まっているし不純だしw、それこそ免許更新の講義みたいにあんま〜り役立たない気がする。

基本的に教育とは、後々の社会をより多くの人が住みやすいようにするための子どものうちからの洗脳だと思うので、絶対長期的にみれば必要なことだと思うんだけど。
文化といえども教育で多少動かすことはできるんじゃないか?
スクールカウンセラーはすでにこういうこともやっているのかな?


将来はできれば面接で一人一人に長く出会っていくっていう、社会的にみればとてつもなくミクロな活動をしていきたい。
でも、かなりの国費を受けている医師としてはマクロに貢献することも必要だと思うんだよね。
税金泥棒になってしまう。
将来的にはこういう学校教育にほんの少しでも関わっていきたいなー
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

月曜日はテスト

鬱です。範囲が多すぎる。

しかし、それが終われば血液の病気と膠原病のmajorなものを理解できたことになります☆

例えば。
急性骨髄性白血病は骨髄中の顆粒球系の芽球が腫瘍化したもので、FAB分類ではM0〜M7に分類されています。分類するために特殊な検査法もあって、芽球上のマーカー検査やエステラーゼ二重染色、非特異的エステラーゼ染色等があります。症状としては、貧血症状・細菌感染・出血傾向・骨痛・リンパ節腫大・肝脾腫・播種性血管内凝固などがあります。治療法は全トランス型レチノイン酸を投与する分化誘導療法やアントラサイクリン系抗腫瘍薬+シタラビンなどの化学療法があります。造血幹細胞移植も〜。。。以下略









うんざりだ。まぁでも文句を言っても始まらないので頑張ります。

ちなみに女性の方は鉄を意識的に取った方がいいですよ。女性の5人に1人は鉄欠乏性貧血らしいです。

さぁ、女友達を5人思い浮かべて。その中の1人は貧血です。
嘘か真かわからないけど、先生曰く成績不良だった女の子が鉄剤を摂取しただけで学年トップに立ったそうな。


テスト終わったら飲むぞ〜

追記
なんかだらだらとネットしてたら、渡辺謙も急性骨髄性白血病だったってね。確かに耳にした覚えはあるけど、勉強した後から知るとなんか実感が違うわ。しかも血液製剤でC型肝炎にもなっているらしい。治療も大変だっただろうな。今はあんなに大活躍しているのが素晴らしい。「明日の記憶」も自分が闘病生活をしたこともあって映画化を熱望したらしい。
ちょっとしたまめ知識でした。

さらに追記
5人に1人じゃないです。15.3%なんで10人に1〜2人ですね。
あー、本当に覚えることが多くてごちゃごちゃになる!!
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。