2008年03月28日

大学始まっちったぁ

先生方は、今年はとにかく大変だと言うので嫌いです。



今日はそれ以外にもなんか色々情報にさらされて胸が苦しいです。
ちと考えたことなどを。

自信と謙虚さは矛盾しない

自分を信じることができない人が他人を信じることはできないだろう

自信は相手に対して安心感や説得感を持たせるだろう。しかし、常に教えてもらうという謙虚さが必要。

自信と自己中心的考えは異なる

思春期は純粋に残酷的な時期である

男性における性への恐れ、不安、嫌悪感
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

春は別れの季節ですね

おれも別れてしまいました。ついに。

もう長く一緒にいたから気安くて、全部わかってると思ってた。

というか、今でもおれ以上にあんなに思いやる人もいないと思う。

いつでも、見守ってきたというか守ってきたつもり。

今も完全に関係が切れたわけじゃないし、ちょっと用があれば一応相談してくれる。

それでも、信じたくないけど限界なんだって気づきました。

相手が限界なんだと。

個人的にはまだ実感がないんだけど、きっとじわじわとわいてくるんだと思う。

いつでも声はかけれるのにね。

うまくは言えないんだけど、5年間、ありがとう。

これからも何かあったら言ってくれよな。
































たいていの人はわかったと思うけど、携帯の話です。
そうです、ついに機種変更しました。
N504iS→SO705iです。
もう電池が持たなくて、電話をしたらすぐに切れてしまうような状態だったのです。

機種変して一番おどろいたこと。
それはネット通信の早さ。今まであんなにメールとかiモードで苦労していたことがうそのようです。
まるでISDNからBフレッツに変わったかのようです。
携帯の進歩ってすごいですね。。。

今度も5年間くらい付き合いたいと思います。
その方が割安だしw
果たしてその頃の携帯はどんなものになっているのだろうか。。。
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

卒業おめでとう

土曜日にサークルの卒業パーティーにOBとして出席してきました。

いやー、去年参加できなかったというのもあってかすごく感動してしまった。
卒業生たちは自分のすぐ下の代だったから一番教えて関わった代で。
自分たちの代が教えたことをまた下の代に教えて卒業していくというのを見て、こうやって世代ってつながっていくんだなーと思いました。
たぶんちょっとずつ変わっていっても10年後のサークルも同じように伝えていくんじゃないかとか先を想像してみたり。
そんな大それたことではないけど、エリクソンの生産性、生殖性の課題を達成するというのはこういうことなのかもしれないなーと思ったり。
感動してしまった。
卒業生たち全てがここを見ているわけじゃないけど、あんな素敵な卒パにまねいてくれて本当にありがとう。
押し付けがましいかもしれないけど、自分が上から伝えられたことをまた下に伝えていってくれて、ありがとう。


テーマを変えて。
卒パではお酒が入ったことと、久しぶりに心理の話をしっかりできるということで無駄に話しすぎてしまったように思います。
戯れ言めいたことをいっぱい喋ったけれど、聞いてくれた皆様ありがとう。
なんかお金お金と話してて今思えばとても世知辛い話をしたな、がめつい話をしたなと思いますw
あとちょっと男女の役割規定みたいな話も(これは現実社会がそうなってしまっているという影響もありますが。。。)。
まぁお金はけっきょく自分がありたいようにあるための一つの手段でしかありませんから。
とらわれすぎてもいけない思います。目的と手段がごっちゃになってはいけません。

何にしろもう少しこの国は医療・福祉・教育系の職種の待遇を良くして欲しいなと思います。結論。
個人的な意見では、宇宙開発なんてどうでもい(ry
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

新しくブログを作ってみました

http://market-of-book.seesaa.net/
http://moviesreview.seesaa.net/

ブックレビューと映画レビュー用のブログです。
今後レビューはこっちで書こうかなと。
こちらのブログの方も遊びに来てやって下さいm(u_u)m

更新はできるだけ多くしたいですけど、今年はどれくらいのペースになるのかなぁ。
こればっかりは講義が始まってテストとの関係になるかと思います。

できれば、ブログを見るたびに右下の方にあるランキングに投票して頂けるとありがたいです。
一日一回のクリックでランキングがあがるのでw

あと一週間で春休みも終わりです。今年は長かったように感じます。
早く生活のペースを取り戻さないと(汗

http://market-of-book.seesaa.net/
http://moviesreview.seesaa.net/
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

絶滅危惧種

今日は本当に久しぶりに暴走族らしい暴走族を街中で見た。
夜露四苦みたいな感じの漢字の刺繍がされた特攻服を着て、口元隠して集団でたむろってました。「もう一回、回ってきますかー」とか言ってた。
実際に見るのは中学生くらい以来ですかね。「特攻の○」をなんか思い出しました。
ただ、残念なのは。。。































彼らにバイクがなかったこと。特攻服で練り歩きですか。
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

ルノワール+ルノワール

渋谷のBunkamuraでやっているルノワール+ルノワール展に行ってきました。
http://www.ntv.co.jp/renoir/

これは印象派の画家オーギュスト・ルノワールの作品とその息子で映画監督のジャン・ルノワールの作品を同時に展示してある展覧会です。

オーギュスト・ルノワールは印象派の画家らしく光を巧みに使った作品が多いです。また人物画をよく描いたことでも知られています。この理由はオーギュスト・ルノワールは持病でリウマチを患っていたのであまり戸外に出ることができなかったことにあるそうです。

ジャン・ルノワールは映画監督として重要な人物らしく、「ゲームの規則」「フレンチ・カンカン」「草の上の朝食」などが代表作です。ルノワール+ルノワール展ではこれらの映画のうち父親であるオーギュスト・ルノワールの影響が濃くみられる映像を展示していました。とても父親とそっくりな構図、場面を撮った映画が多かったので、影響をすごく受けたんだなぁということが如実にわかりました。

オーギュスト・ルノワールには3人の息子がいますが、ジャン以外の2人も俳優や陶器美術に進むなどまさに芸術一家という様相でした。

おすすめの展覧会です。
http://www.ntv.co.jp/renoir/
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

100人の村だったらシリーズ

おもしろいので関係ありそーなのを探してみた。
ソースが確かかどうかは知りません。

医学部が100人の村だったら
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/04/100_0330.html
これだとメジャー(〜内科・〜外科系統)を好んでやっている人がいないですねw
そこまではないと思うのだけれど。

医者が100人の村だったら
http://blog.m3.com/yabuishitubuyaki/20060507/1
勤務医は現在もう少し少なそう。それでも思ってたより多い。
平均給与は高いけれど、これを相応と見るかもらいすぎと見るか。
月229時間って多いんですかね?働いたことないからわかりません。
まぁこれもあくまでデータなんで実際はもう少し長そう。

博士が100人いる村
http://www.geocities.jp/dondokodon41412002/
これはもう有名。

日本がもし臨床心理士が住む100人の村だったら
http://d.hatena.ne.jp/psychologist/20070313/p2
心理の友人にはぜひ読んでもらいたい。

おおもとはこちら
もし世界が100人の村だったら
http://homepage1.nifty.com/hiroshi127/100people-3.htm
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

この話はマジですか

http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/7262424.stm

英語記事ですが。
まぁ簡単に要約するとmood disorderが血液検査で診断できんじゃね?という話です。
これはまた画期的な研究をする人もいるものですね。脳血液関門を通過するんですかね?
実用化できるのかどうかはまだまだ先みたいですけど。
実際に使えるようになったら企業の健康診断で血液検査はやってないところが多いだろうけれども、広まるかもしれないですね。
広いスクリーニングで早期発見ができそう。
果たして何年先やら。
きっとその頃には精神医学も今とかなり違ってるんでしょうね。
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

欲しいものがある

それはこれだ。

ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%BF%E3%81%A4-%E3%81%8B%E3%81%8F%E3%81%95%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%8B%E3%81%84%E3%81%AB%E3%81%BE%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%88-%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%A9/dp/4569698239/ref=sr_1_4?ie=UTF8&s=books&qid=1204379442&sr=8-4


こんなものがいつの間にかに出版されていようとは。
ドアラのフリーダムさが欲しい。
ドアラのことをあまり知らない人はyoutubeかニコニコで検索すれば出ます。
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。