2007年07月26日

採用通知

奨学金をもらえるらしい。

一年半勉強したかいがありました。毎年もらいたいので今後も勉強はしなければいけないのですが。
何がよろしいってNo利子、No返済というところがよいです。もらって終わりの奨学金。ひとまずお金の心配をすることはなくなりそうです。
posted by hiro at 23:36| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

私の体の構成成分

実家に戻っています。

 

特記することがないのですが、実家の体重計bathroom scaleに乗ってみました。

体重:55.5kg

体脂肪率:12.6%

内臓脂肪:1(標準9以下)

骨量:2.5kg

筋肉量:44.5kg

基礎代謝:1370kcal

体内年齢:17歳

これ以上身体を鍛えるべきか維持を目指すべきか、悩ましいところです。もう少し脇腹と内太ももと背中の脂肪を落としたいところなんですが。。。

posted by hiro at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

とてつもなく久しぶりに更新してみよう

色々ありましたが、一言で言えば夏休みに入りました。

更新していない間の印象深いことと言えば、前期のテストを乗り切ったこと。わけもわからず1ヶ月近く体調がくそ悪かったこと。未だに体調は安定してくれないこと。とかとか。
夏休みは暇しているので、なんかあったら遊びに誘って下さい。普段は英語力upのための独習プログラムをやりたいと思っています。頭が固くなってしまうような古典を読みたいと思っています。

残念なことに河合隼雄先生の訃報にふれました。先日倒れられてからまったく続報がなかったので心配していましたが、おそらくずっと意識が戻らなかったのでしょう。個人的には河合先生の著作はいくつも持っているし、その中からいくつも励まされたり目標としたくなる言葉を発見していて、近くに感じられるような方でした。一昨年の講演会に行かなかったのが悔やまれます。またきっと河合先生がいなければ臨床心理学と言う言葉が市民権を得ることはかなり遅れたことでしょう。実際の臨床心理学が市民権を得ているかどうかは別として。著作を読んでもわかりますが、人に説明することやアピールすることに秀でていたと思います。晩年に臨床よりも官公庁の仕事の方に流れたのにはあまり共感できませんが、官公庁に入ることも臨床心理学、臨床心理士の地位の確立のためには必要なことだったのかもしれません。今後これだけ権力側に回れる心理の人はそうそう現れないだろうと思うだけに、臨床心理士の国家資格化を達成しておけなかったのは悔やまれます。
ご冥福をお祈り致します。
posted by hiro at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。