2007年03月15日

おもしろいニュースが出た

このニュース

まぁ当然な提案だと思います。今の医師不足は様々な要因が絡んでいるけれども、私が前々から考えてたことだが医師を全て国家公務員にしてしまえば即解決。ちょっと極端だとしても。今回の提案は僻地や医師不足地域で活動することを義務化するのだから、近い考え方です。2年の研修が終わった後にすぐに派遣するのはどうかと思いますが。
今の医師不足には様々な要因があると書きましたが、最も重要な点は医師の自由さだと思います。以前(今もかな?)厚生労働省は医師が多すぎるということで医師削減計画をだしました。しかし現実は医師不足が叫ばれていて、時に医学部の定員を増やせという言葉も聞かれます。この言い分は互いに矛盾していますが要は医師の全体的な数は全国的には足りていると思うのですが(諸外国と比べてどうかはわかりません)、都市圏に集中しているためだろうと。医師は他の職種と比べるとどこでもやっていける利点があり、多くの人が都市圏にいってしまう。
しかし、かつてはこうではありませんでした。医局という医師を取り仕切るものが各大学にありまして、各大学を卒業した医学生はこの医局に所属し、医局が医師不足とされる地域に各医師を数年単位で派遣をしていました。そのため今ほどには医師不足が叫ばれなかったわけです。おそらく医師過剰と言われたのはこの制度があったためです。
この制度が卒後臨床研修制度、マッチング制度で崩れます。卒後臨床研修とは医学部を卒業した後の義務化された研修で各診療科を回るものです。研修場所としては各大学および大きな市中病院があり、マッチング制度のもと病院側の希望と学生側の希望をすり合わせて研修場所が決まります。
まず単純に比較して市中病院と各大学の待遇では市中病院の方がよいのです。さらにマッチング制度のおかげで医局に所属しなくとも研修が受けられるようになりました。かつても一部の有名市中病院では研修を行っていましたが、卒後臨床研修の義務化でより多くの市中病院も行えるようになりました。そこで多くの学生は市中病院に流れ、医局に人は集まらなくなり、医局は派遣が出来なくなり、医師不足が進んだんだと思います。
さらに当たり前だと私は思うのですが、現在の医学部の入学生はおそらく大都市圏の優秀な学生たちでしょう。つまり地元は大都市圏なわけです。入試の時点では大学はどんな田舎の大学であろうと入れればいいので全国に散らばりますが、卒業して研修の段になると地元つまり大都市圏の市中病院に行ってしまうのだろうと思います。昔はそのまま各大学の医局に所属したため田舎の大学で研修を行っていたのですが、先の制度で医局に所属せずに地元に戻って研修を受けるようになり、特に田舎の大学の医局の医師不足は進んでいると思います。そのため田舎の大学では卒後その地で研修を受ける人のための募集枠を新たに作ったりしています。
このような経緯を考えると医師会の提案は妥当です。僻地での診療を卒業生に義務化させれば例え市中病院で研修を行ってもその後僻地に行かなければなりません。ただ研修終わってすぐの医師を派遣しても無意味なので卒後一定期間を経たいわゆる医師としてなんとか一人前になった人を派遣するのがいいと思いますが。そうすれば例え専門の科に進んでも一般的な診療の訓練も積もうとするのではないかしら(基本的に医師は専門バカである)。おそらく次の問題は医局に変わる派遣をしきる組織を作ることでしょう。卒後臨床研修制度に参加しているすべての市中病院を含むため大変かもしれませんが。続きを読む
posted by hiro at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈍感さとパンチェッタ

最近の流行語「鈍感力」。

渡辺淳一が書に表し、小泉前首相も安倍総理に語りかけた言葉。最近の自己認識として自分は鈍感だというのがあります。
周りの友人が他の友人と付き合ったり、誰かに好意を寄せていたりするのですが、周りから言わせると私はそういうことに疎いらしい。ことが全て終わってから遅れて知ったりします。鈍感キングの称号が不覚にも授与されそうです。
しかし、思い当たらないこともありませぬ。例えば私は人の言葉を鵜呑みにします。あからさまに嘘というかからかってやろうとする言説は見破れますが、「○○なんか好きじゃないよ」と言われれば鵜呑みにします。他の身振りなどで色々と示されているようなんですが、私は読み取れてないようです。
これだけ書くと発達障碍の傾向のような記述でもありますねw。私の鈍感さはよく言えば他人のことはあまり気にしない、悪く言えば自己中心的とも言えるかもしれません。ひとまず私に何かを伝えたい時にははっきり言葉にしてくださいw



閑話休題、次の写真をどうぞ。
パンチェッタ








これは自家製パンチェッタです。パンチェッタについて知らない人はこちらこちらをどうぞ。
カルボナーラなどに最適らしくこれは作るしかないと思って作ってみました。完成した後、最初は薄切りにして焼いたものを試食。「…んー、肉のうま味がしみ出てくる。確かにちょっとクセがあるけどうまい!」という感想。次にカルボナーラを作ってみる。「…肉がうまい!しかしソースは少ししょっぱいな。」という感想。ベーコンよりも塩味がきついためソースもちょっとしょっぱくなった模様。次にカルボナーラを作る時にはもう少しゆでるときの塩を少なめにするのがよいと見た。
通販で高価なものが自宅で作れると幸せですね。うまいし。大量に出来て今は冷凍しています。食べたい人には食べさせてあげることもできるかも・・・?味の保証は致しません。

作り方を参照したのは主にこちら。他にもさまざまなサイトで自作レシピが載っていますが、必需品はピチット。通販もしてますが私は東急ハンズで買いました。興味があればお試しあれ。
posted by hiro at 00:03| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。