2007年02月28日

共依存ー自己喪失の病

心理系一般書かと思ってたら専門書の要素もかなり強い。

共依存?自己喪失の病


共依存あるいは共依存症という概念はDSM上にはないもので、一般的な定義もまだ確立されていないらしい。かつてはアルコール依存症者の家族とその関係性に対して使われていたが、あらゆる依存症者の家族、そしてある種の対人関係とその対人関係を持ちやすい人と拡張されてきた。私なりに理解した共依存とは、ある人との関係性であり、ある人に執着し、どんなにひどい問題を持っていてもその人を援助しよう、そして逆説的に問題を助長させるものである。共依存症とはその関係性を病理的に持ちやすい人に当てる言葉である。その中核は自分は自分であるという感覚に欠けていることで、他者を援助することに自分の意味を見いだす。
本書では前半が共依存に陥った当事者たちの手記でその回復の過程が描かれている。後半は様々な分野(教育、司法、医学、心理学など)の識者が共依存についての考察を書いている。前半の手記は貴重なものであると思う。一般的に症例を描く書物は多いがそれは治療者の視点からみたものであり、実際の当事者が自分の共依存をどのように認識し改善させていったのかを知ることは共依存の捉えがたさを理解するのに役立つ。特徴的なことは共依存症者はいわゆる病識がないということである。共依存症者は自分の行動をあまり異常視していない。むしろ自分が他者を援助していると考えているので、治療者はまずその部分に気づいてもらうようにすることが大切だろう。
そして重要なことは共依存はけっして単独に存在するのではなく、共依存を引き出す他者がいることである。多くは何かしらの依存者である(アルコール、薬物、食物、ギャンブル、DV、虐待など)。そして共依存症と依存症と共振し合うようにエスカレートしていく。そのため依存症を治療するためには周囲の共依存症を扱わなければいけないし、共依存症を治療するためには周囲の依存症を扱う必要が多いだろう。
さらに援助という視点から考えればすぐに想像がつくように、援助職者は他の職種の人よりも共依存に陥りやすい。私は共依存傾向は誰しもが多かれ少なかれ持っていると思うが、援助職は他の職種よりも共依存傾向が高い人がつくのではないだろうか。すべてのクライエントに対して共依存になることはないが、おそらくある援助職者の共依存傾向に触れるクライエントが現れれば共依存に陥ってしまう。それはいわゆる巻き込まれの一種かもしれない。しかしだからといってただ共依存恐れるのではなく、行き詰まった時に共依存になっているかもしれないという視点を持てることが重要だろう。続きを読む
posted by hiro at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

精神科臨床での日常的冒険

本当に更新が多いですね。

精神科臨床での日常的冒険?限られた風景の中で


かつてのロールシャッハの授業の課題の本。内容は院内誌に書かれたものが元になっていることもあり、エッセイ形式になっている。患者さんとの交流、家族との応対、ナースなどのスタッフとの協同などから思いついたことや夢想したことが書き留められている。
精神科医としての経験に基づいて書かれているため、もしかしたらある域に達した精神科医ならば当たり前のことばかりかもしれない。だが私はなぜか何度も読み返したくなってしまう。おそらくそれは臨床現場に理想や憧れを抱いてしまう時に、やさしくも冷静に実際の精神科での一般的な臨床(外来・入院含む)を突きつけてくれるからであると思う。登場する者も主に統合失調症の人たちとその家族である。寛解に至る例は少なく、回復と再発を繰り返す経過や悲しくも自殺してしまう例が多い。心理療法の場面はまったく描かれていない。
私は心理療法を指向しているけれども、現実になるのはまず第一に精神科医であり本書に描かれているような患者さんを相手にし治療をしていくのだろう。そしてそれが一般的な精神科医の姿なのだろう。まず私が学んでいかなければならないことが描かれているために身が引き締まる思いになる。さらに著者のような精神科医になりたいと私は願う。それは例え外来診療という10〜15分という短い交流でも患者と心を通わしている治療者が描かれているからである。けっしてそれは狭義の意味での心理療法とは異なるかもしれないが、まぎれもない心理療法であり患者の治療に一定の効果を与えているだろう。氏原寛はある書物の中で一般的な臨床心理士と一般的な精神科医の心理療法の力量は後者の方が依然として優れていると書いた。それはこのような経験を数多く積んでいくためだと思われる。また最近、初診の重要性を強く認識しているが第2部ではさまざまな初診の例とそのとき心得ておくことが述べられているので役に立つ。
精神科医として臨床に関わらない人にとっては、精神科医の実際的な臨床がどのようであるかを知ることが出来る。心理臨床の現場に出ればほぼ必ず精神科医との関わりがあるだろう。薬物も治療に必要とあらば精神科医に紹介しなければならない。そのとき精神科医の実際の臨床を知っていることは意思疎通に役立つに違いない。もちろん著者は精神分析的訓練を経ているため精神分析に基づく精神科の実践であり、他の学派の精神科医の実践とは多少異なるかもしれないけれども。けれども学派によらず患者の心理を理解することに努める精神科医なら同じような思いを抱くのではないだろうか。薬物だけに頼る精神科医は別として。
posted by hiro at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

統合失調症の遺伝子

まずはニュースを読んでください。

こういうニュースに関して前に友人と話したことがあるんですが、マウスの「統合失調症に似た行動異常」ってどんなものなのでしょう?まさかマウスに対して「他のマウスから責められているような鳴き声が聞こえますか?」とか「他のマウスから迫害されていると思いますか?」とか「誇大妄想」や「迫害妄想」の有無を聞く訳にはいかないでしょう。反応が遅くなったり、動作がまったくなくなったりするんでしょうか?
しかし、統合失調症の発症に関与しているとはいえ、おそらくこのカルシニューリンだけではなく他の異常と組み合わさって発症するんでしょう。そこのあたりは癌の発祥の経緯と同じでしょう。それでも1つわかれば治療薬を作れます。その点は今後期待できるかも。
ひとまず誰かどんなマウスなのか知っていたら教えてください。
posted by hiro at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝れないのでいろいろと更新している

その前に24時間くらい寝ていたのは秘密です。

なんだかんだいって結局、春休みの半分くらいが終わりかけていて、その大半をぐうたらに過ごしています。毎回の風景とはいえ、なんとももったいない。そうこうしている中にもう新学期が始まってしまうのでしょう。
それでも先週はわりと活動的でした。ヨーロッパ旅行から帰ってきた友人宅でチーズとワインを前に朝まで飲み語りました。4人で4本半とビール数缶を空けたので1人頭で換算するとけっこうな量を飲みました(しかも2人はけっこう早めに寝ていた)。その次の日は実習グループで一緒だった友人と飲んで恋愛相談を受けていました。恋人の男女双方を知っているためにどちらも悪く言えないし思えないです。おそらくよい悪いではなく価値観の相違なんでしょう。お互い他人から付き合い始めるのだからその相違をすり合わせていって中間点で同じような価値観を作り上げるのがよいと思います。どちらかの価値観に重点が置かれているとしてもお互いが満足ならそれが2人の関係のあり方で、要は1つの価値観を作り上げることが重要。その次の日は下に書いた試写会に行き、その次の日は前の大学の友人に会っていました。
ちょうど院試の合格発表の日でして、会った友人たちは受かっていました。その他の友人たちの話も聞きました。受かっていた人にはこの場でなんですが、おめでとうという言葉をかけたい。私には想像もつきませんが、卒論をやりつつ受験勉強をするというのは大変なことだったと思います。また他の友人たちの進路が決定する中、落ちたら進路が決まらないというのもそうとうなプレッシャーだったでしょう。また今年度は志望者も多く倍率が高く、なんといっても4年ともに学んだ学友と席を争うというのは苦しいことだったんではないでしょうか。それらを踏まえながら乗り越えた人にはおめでとう、頑張ったねという言葉しか浮かばない。
さらに友人にも今回残念な結果だった人もいるわけですが、やはりまずは頑張ったねという言葉をかけたい。先にあげた苦労やプレッシャーは受かった人と同じくあったことでしょう。最後の結果だけ違ったとはいえそれまでの過程は同じかそれ以上のものであり、それを乗り越えてきたことに頭を下げます。もう一度受験するにしろ、他の道を選ぶにしろ今回の経験はきっと糧になることでしょう。ひとまずゆっくり休んで、またこれから先の道を歩んでください。応援しています。
私も医学部に進んでいなかったら同じように院試の勉強をしていたと思いますが、卒論と院試をやっていないだけに、これらをやってのけたみんなに尊敬の念を覚えます。実際にやっていたら私は卒論を書ききれたのだろうか、院試の勉強をやりきれたのだろうか、受かることなぞできたのだろうかと思ってしまいます。どちらにしろみんなの話を聞くとちょっと羨ましくも思います。医学部の勉強より興味を覚えるし、なんといってもこの一年の間に置いていかれているような気がしてしまうわけです。体もおもしろいけどやっぱり心の方がおもしろい。あぁ心理学を、特に一般的正統的な心理学をもっと勉強したい欲求にかられます。普段自主勉しているのは深層心理学、臨床心理学、精神分析と偏っているので。社会心理とか認知心理とか生理心理とか今勉強した方が絶対おもしろいと思えそう。
posted by hiro at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神療法と精神分析

F先生が土居先生の著作の中で最もよいと言った著作。

精神療法と精神分析


最初に読んだのは一昨年の夏で、その時はなぜ本書が最もよいとまで言わしめたのかはよくわからなかった。しかし、今回再読してそこまで言わしめた意味が少しわかったように感じられた。
内容は3部構成となっており、精神療法の構造、精神療法の過程、精神療法をめぐる諸問題と題されている。精神療法の構造は現在では通常心しておくべきとされることが書かれている。特徴的な部分は精神療法それぞれの学派には治療の方針と目的がそれぞれに存在し、それにもとづいて各学派を説明している部分だろう。精神療法をめぐる諸問題ではエッセイ風に書かれてはいるが、おそらく全編を通して精神分析が含む価値の問題について書かれていると思われる。精神分析は実際の臨床から生まれでたもので治療であるとはいえ、理想とする価値や人間像があり、そのことをどのように捉えるかが著者なりに書かれている。
本書で読む価値が最もあるのは精神療法の過程だろう。精神療法の開始から終了まで順を追って説明し、短い症例の実例も合わせてのせている。ただこれだけならばよくある書物の一冊にすぎないかもしれないが、特によいと思われる点は2点で、1点は説明が抽象的ではなく実感的ということである。精神分析には転移や逆転移、抵抗などと概念が多くあり抽象的に説明されるが、著者は転移を感情の問題と読み替え治療状況における感情の交流に焦点を当てて説明している。また抵抗も転移の異なる側面としてやはり感情の問題とする。そのため全編を通して治療者と患者の感情の問題を描いていて、転移などの概念を知らなくても読みやすく、概念にとらわれずに治療の実感を感じ取ることが出来る。またある状況に対して治療者はこう応ずることがよいだろうと書かれている部分も著者の治療の実際をうかがわせる。転移の読み替えや甘えへの着目など日本語に即した治療実践や理論を構築しようとした著者の意気込みが感じられる。
2点目は実際の症例である。あげられている症例はけっして成功した症例ではない。むしろ多くの失敗を重ねながらも続けられた症例ばかりである。著者は自分の症例を客観的にみて、この時はこう応ずるべきであったと書きつつ、実際の失敗したとも言える展開を描いていく。著者のようにもはや大家と考えられる人物が失敗を率直に描くことはとてつもない勇気を必要とするのではないか。しかし、著者が大家とされる所以は失敗の後にそのことを吟味し立ち直って治療を続け終了にもっていける点にある。症例の部分だけを順を追って読むだけでも価値は計り知れない。続きを読む
posted by hiro at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジャヴ

試写会に当たったので行ってきました。

デジャヴ

まだ公開前なのでネタバレしないように宣伝します。
ジャンル的にはSFサスペンス…なのかな。ストーリーはフェリー爆破事件をめぐるお話。事件を追う捜査官のダグ(デンゼル・ワシントン)はその切れる頭を見込まれて、最新の装置を使用する特別な捜査班に加わる。その最新の装置は4日と6時間前の映像を自由自在に見られるというもの。ダグは手がかりを握る殺された女性クレア(ポーラ・バットン)の過去を追うが、次第に彼女に好意を抱くようになり犯人を捕まえるだけでもなく彼女を救えた道をさぐるようになる。そして装置の真実を知ったダグは…。
正直、途中でだいたい展開は読めます。展開が読めるだけに展開ではないところで勝負すべき映画だと思いますが…びみょう。最新装置の部屋などはよく作られているなと思いますが、設定がなんかつじつまが合わない。やや強引な設定だと思う。人間関係もよく描かれているものではない。ダグがそこまでクレアに入れ込むわけもよくわからず。
SFサスペンスならやはりSFの設定をつめておくべき。しかし、突っ込みどころがけっこうある。特に最後の展開がちょっと予想とずれていて、そのずれが設定を完全に駄目にしてしまっていたと思う。最後の場面はわかりやすく、最も予想されるものにしていた方が設定のつじつまがあっていたと思う。
そんなわけで見所はデンゼル・ワシントンです。ダグの頭の切れっぷりがすばらしい。
posted by hiro at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

モモと沈黙

二冊一緒に。

モモ


児童文学の名作の一つに必ず名前が挙げられるだろう本書。時間とは何かという哲学的ともいえる命題を児童文学の中で見事に扱っている。その命題をめぐって冒険物語のように、探偵物語のように、果てはほのかなロマンスのように描き出す。命題自身が永遠の問いといえると同時に、物語の巧みさによっていつの時代でも古さを感じさせない。
時間を奪われてしまった人たちとその時間を取り戻すモモという女の子の話ですが、いつ読んでも時間を奪われてしまっているのは私たち自身のように感じられる。バイキング形式のレストランのレジで話し込もうとすると後ろから飛んでくる怒声、せかせか道を歩き他の人に興味を示さない人々、時間を節約しようとお客さんとのコミュニケーションを全く取らない店主。全て話の登場人物ですが、すぐとなりにいる実在の人物のように感じられてくる。しかし、このような人たちは心がぎすぎすしていて、いつもイライラ、不愉快な感じがしていて、すぐに怒りだしてしまうような人として描かれる。まるで通勤ラッシュの中にすぐにでも見つけられそうな人。勝ち組負け組、格差社会という薄っぺらい言葉が飛び交う社会にすぐにでも見つけられそうな人。
本書の中で時間とは生活であり、生活とは心の中にあると書かれている。まさにその通りで、同じ一時間でも生活の仕方、心の持ちようで早くも遅くもなる。けれども、時計の時間にだけ追われてしまうとそのことを忘れてしまう。私たちは時間を考えるよりも生活を、そして心の中を考えた方がよいのだろう。モモが時間を取り戻すことができたのは時計の時間ではなく、人とともに過ごすまたとない一瞬の時間を大切にしていたから。この世界に生きる私たちもその時間を大切にしたいと思わせる一冊。

沈黙


遠藤周作を読むのはこれが初めてだったけれども、引き込まれるように読み終えた一冊。時代は江戸、キリシタンたちの反乱である島原の乱の直後、日本に潜入した司祭の話。司祭は潜入後、隠れながら潜んでいたキリシタンたちに教えを授けるけれども、幕府側に捕まってしまう。捕まった後にキリシタンたちに加えられる拷問を眼前に出され、信仰の厚い人々を神はなぜに見殺しにして沈黙し続けるのかを問う。
史実をもとに遠藤周作は司祭の内面をえぐり出そうとする。潜入する前に燃える使命感、教えを授けながら感じる喜びや満足感そして一抹の不安。捕縛後に浮かび上がる神への疑念、振り払うような信仰心と義務感、訪れる絶望。司祭は自分の苦難をキリストの苦難と重ね合わせつつ、キリストはどのような表情でどのような心情で十字架にのぼったのかと想像し続ける。
時代も異なり、国籍も異なり、宗教も異なるけれども、司祭ロドリゴの感情は理解できるものである。今現在の世も戦争は絶えず、貧困もなくならず、苦しみ喘ぐ人は大勢いる。同時に豊かな生活を謳歌している人々もいる。現実はなかなか変わらないが、なぜ変わらないのか。人々に善意があるならば変わるのではないか、もし神が存在するのなら変わるのではないか。自分たちの力で変えようと努力をしている人はたくさんいるだろうが、それでもこのような疑問を感じる瞬間はあるだろう。そしておそらくこのような疑問を差し挟む人はただ単純に世界がよくなるよう信仰をしている人よりも本当の意味で救いを見いだそうとしているのだろう。ロドリゴも作中後半で迫害のない地でただ信仰し布教しようとする人々を批判している。
ロドリゴが自分をキリストに重ね合わせる描写やキリストを想う描写はやや自分やキリストを美化しすぎているように感じられるが、それも最後にかけて神と対話するのに効果的となっている。このような点はキリスト教信者ではないためになかなか感情移入できないが、神に疑問を差し挟む心情などは逆にキリスト教信者でない人の方が理解しやすいのではないか。
ひさびさに重い小説を読んだ気がするが、読了した後の満足感も違い、今後も重いテーマの小説を読みたくなってしまう。
posted by hiro at 02:12| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

精神療法面接のコツ

神田橋先生のコツシリーズの2作目。

精神療法面接のコツ


基本的なトレーニング方法や、精神療法の作用機序に関する基本モデル、モデルに応じた技術と厄介な症例に対する応用などが述べられている。基本的なトレーニングで重要視しているのは読み取る・感じ取る能力の育成である。五感をフルに使った読み取りの力をあげるための具体的な方法や伝える技術の向上方法などがあげられている。作用機序は、主体(患者)の自助の活動・抱える環境・異物(揺さぶり)としての精神療法技術から成り立ち、その基本は自助の活動を妨げない・引き出す・障害を取り除く・意欲などを植え付けることであるとする。その他にも定石やコツとして様々な提言がちりばめられていて心に留めておくとよいと思われる。
本書全体を読み通して、著者の精神療法面接はおそらく名人芸のようなものなのではないかと思われる。いわゆるhow to の技術ではなく、自然に滲み出てくる態度や発言そのものが類いまれなる技術と化しているのではないだろうか。著者自身はこのような境地に至るのにhow to 的な技術の訓練を重ねて10年以上かかると書いているけれども、おそらく著者の素質もあるのだと思う。そして本書もhow to 的な助言が随所にあるけれども、それを抱え込んだ全体としての雰囲気を読み取ることの方が重要なのではないだろうか。
著者の特徴に面接の場の雰囲気の重視がある。本書も雰囲気を感じてもらえるように書いたとある。この雰囲気というのは何とも言えない曲者であると思う。雰囲気という言葉はよくありがちだが、雰囲気という言葉では実際の雰囲気は伝わらないからである。実際にその場にいなければ雰囲気を感じることはできない。著者はコトバの文化と実際の肉感的な体験レベルのずれを意識することが大切であるとするが、その論考は対話精神療法を志すものにとって読む価値があるものである。
前書の追補 精神科診断面接のコツも合わせて読むことが勧められる。こちらは読み取りの技術に特化して書かれており、こちらを自分のものにしてから本書を読むのが効果的かもしれない。
posted by hiro at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

春休謳歌

春休みってすばらしいですね。

バナナジャム姿見
バランスボール




















いつもの追われるような生活とは一変、生活を楽しんでいます。普段の生活ってこんなに楽しいものなのですね。
左上はさっき作ったバナナジャムとそれにチョコを加えたもの。うまいw こんなものがすぐに作れるとは驚き。これから色々な種類のジャムを作れるようになりそう。将来の子どものおやつには困りません、きっとw
右上は最近買った姿見。前々から欲しいと思っていたのだけど、探す暇も買う気力もなく。この間探して買ってきました。出かける前の全身のチェックとか全身の体型を見るのに便利。近所のスーパーが一番安いと思ったら、買った後にヴィレッジバンガードが一番安いことに気づいた…。買う人はヴィレバンを覗いてみましょう。
左下はもらったバランスボール。ちょっとお気に入りです。バランス感覚と体幹の筋肉を鍛えられます。食事する時に座ったり、パソコンする時に座ったり、ふよふよバランスをとっています。そのふよふよ感がたまらなくおもしろい。軽くエンターテイメントです。体をどこかにぶつけなければ…。
ボランティアは大体あてができたので、次はアルバイトを探さなきゃです。
posted by hiro at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

発達障碍に関して雑記

まずはこのニュースから。http://www.asahi.com/science/news/TKY200702070403.html

なんか嘘くさいwというか、人間にどこまで当てはまるんだろうか。この実験ではマウスの脳内のオキシトシン濃度を測っているらしいが、もし発達障碍の人の脳で計測することができたとして(無理なんだろうけど)濃度は下がっているんだろうか。少なくとも治療に使えるようになるのはまだまだ先でしょう、おそらく。でも脳にオキシトシンを注射して改善するのならかなりお手軽な感じがする。
大学で習ったんだとオキシトシンは子宮の収縮とか母乳の分泌以外にあまり機能がわかってないらしい。それなのに男性にも存在するからおもしろい。もしこういうコミュニケーションに関係するようなホルモンなら男女に存在するのも理解できる。

次は映画の話。モーツァルトとクジラ
レインマンで自閉症を描いた人が脚本家で今度はアスペルガー症候群を描き出すらしい。レインマンはよくできた映画だったと思うので、期待できそう。恋愛も中心になるらしいけど、アスペルガー症候群の人たちはどんなふうに表現できるのだろう。オリバーサックスの本に出てきた人は恋愛できないと発言していたけれども。そういう風にアスペルガー症候群の人が恋愛?って疑問を感じてしまうからこそ描き出すことが重要なんでしょう。観に行きたいな、誰か行きません?

最後、まんがの話。
立ち読みしてたら、今週のマガジンがいじめ特集のようなものをやっていて、実はいじめられっ子はアスペルガー症候群だった、というストーリーでいじめられるような理由のすべては障碍のせいだったんですという説明があったんだけれども。むー、確かにそういうケースもあるのだろうけれども、まんがでこういう扱いされるといじめられっ子すべてがアスペルガー症候群の可能性があるんじゃ、とか思われないだろうか。いじめられっ子はアスペルガー症候群、アスペルガー症候群の子はいじめられる、というのは単純すぎるでしょう。いじめは重要な問題だけど、それを発達障碍ひとつのせいにしてしまうのはいけすかない。
posted by hiro at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

後期終了(仮)

一応、後期が終了しました。

一応というのは、一度テストを休んだために追試が6日にあるためです。カリキュラム自体は終了して金曜日に打ち上げをしてました。久しぶりにカラオケでオールをしましたが、楽しかったです。医学部に入学して一学年が終わる訳ですが、なんとも早い一学年でした。おそらく今後どんどん早くなっていくのでしょう。
さて、今年度最も印象的な出来事といえばやはり解剖実習をおいて他はないでしょう。人体を解剖するということではなく、全ての過程においてご遺体を抜いては語れないというところが印象的でした。私は援助者というのは援助をしているようで、実は被援助者に援助されている、教えてもらっていると考えています。医師であれば患者に、心理療法家であればクライエントに。しかし、それは被援助者が援助をされるというサービスを受ける対価でもあります。
それに対して医学生が教えて頂くご遺体は何らかのサービスの対価などではなく、ただただ自発的な意志のみでそのお体自体を医学生に対してさらけだしてくれます。それがなければ医学生は育たない訳で、その凛とした美しいまでの献身的な思いには感謝をしてもしきれません。
またご遺族の方達も複雑な思いを胸に身内の方を医学生に対して託してくれるわけです。はっきりいってしまえばまだまだ医師とも医学生とも呼べないような未熟な学生に身内を託す、そして解剖をまかせるということはとても苦しいことなのだと思います。実際に身内の人を想像してもらえればわかるとは思いますが。棺に納めることも医学生がしたので、ご遺族の方達は納棺にも居合わせられずただ火葬の前にもう一度お会いすることができるだけです。私としては十分に喪の仕事をなすことができるのかどうかも心配でなりません。
そのような思いを胸に医学生は医師となる訳です。私はその方々に恥じることのない医師になることを強く誓わずにはいられません。ご遺体の方のご冥福をお祈りします。
posted by hiro at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。