2007年01月14日

パッチ・アダムスと夢の病院

パッチ・アダムスと夢の病院?患者のための真実の医療を探し求めて


読みました。恥ずかしながら最近までパッチ・アダムスがどんな人なのか知りませんでした。ふとしたことで興味を覚えたので読んでみました。本の一部が映画化されているようですが、この本の方がパッチの思いが深く表されていると思います。
内容は、パッチの半自伝(映画化された部分)とパッチの医療・医者観、人生観そして建設中の病院について。印象的だったのは医療・医者観と人生観。今の医療はビジネス化してしまっていて当初のサービスの精神を忘れている、医者は患者のことを知ろうとせずに病気のみを知ろうとし人として交流しようとしない、医者は友人として接するべきであり、人生を健康に過ごすには楽しみや愛情友情が不可欠だということ。とても共感します。私は病気は病気として存在するけれどもあくまで患者という人物に属し、その人生から派生するものだと思うので病気を治すためならばその人を知ることが重要だと思います(心理療法的には治療者がどこまで親しくなっていいのかは考えるべきところでしょうが)。そして健康になる過程で人生の楽しみや愛情友情を知ることはやはり必要でしょう。書いてあることはもしかしたら当たり前のこと、ただその当たり前のことを実際に実現しようとするパッチの情熱に打たれます。またパッチの医療者観はかつての医療者シャーマンに通じるものがあると思います。
私は人を楽しくさせたいとは思うけれども、どのようにしたら人が楽しんでくれるのかわからず途方に暮れます。おそらく自分を捨てきれないという部分があるので。ひとまず少しずつ周囲の人を笑わせることから始めようかな…。

ここから先は医療観について。続きを読む
posted by hiro at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。