2006年12月31日

年の瀬

もう年末ですね。

 

今は実家に帰ってきています。家事をしなくてもよいので比較的のんびりはしていますが、休み明けに3つも!テストがあるので勉強をせこせこしている冬休みです。休みなんだかなんなんだか。

もう今年最後の更新だと思うので、軽く今年の学生生活を振り返ります。

一番でかかったのは医学部に入学したことですね。かなり生活環境が変わりました。新しい土地、新しい大学、新しい友人、新しい勉強。新しいことばかりで最初は戸惑いもしましたが、さすがになんとか慣れました。こういうところは人間のすばらしい能力だと思う。

上と関係あるけれども、勉強の内容がそこまで興味を惹かれないと言うのが勉強しててやや辛かったです。この点は覚悟して来たけれども、やはり時にやる気が失せることがあります。テストに追われる生活も辛かった。両方ともこの先続くので今こんなことを言っていると大変ですが。それでも個人的に自分の勉強ができたから有意義だったとは思います。

あぁ、なんか書いてみるとこのくらいしかないかもしれない・・・。前の大学にいた頃は色々と季節ごとのイベントがあって思い出が作られていっていたのに。そんなイベントは全てテストに変わってしまったような気がします。でも、講義が終わった後に江ノ島にふらっと遊びに行ったり、昼間から公園で友人とビールを飲んだり、テスト後にひたすら飲み会を重ねたことは楽しかった思い出です。

来年はどんな年になるかわからないけれど、学生生活の一年一年を大切にして積み重ねていきたいです。

posted by hiro at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神分析セミナーV

精神分析セミナー 3 (3)

副題はフロイトの治療技法論。副題からは古い治療技法を推測してしまいがちだが、なかなかどうして現代的な視点がかなり含まれている。

治療技法の発展の項では、オーソドックスな催眠浄化法から前額法、自由連想、自由連想法という流れを押さえているけれども、その治療法を適用したと思われる症例を引きながら解説してくれているので、実際にフロイトがどのように技法を発展させたかがわかり易い。以前のゼミでフロイトの症例集を読んだけれど、おそらく本書を読んでからのほうが絶対に効果的だったでしょう。

本書で重要視されているフロイトの技法論文、想起・反復・徹底操作はおそらく現在でもかなりの価値がある論文だろう。本書はこの論文を中心にしてフロイトの技法を解説していくのだけれど、単純にいってしまえば患者は過去の記憶を言葉によって想起するだけでなく、現在の治療者との関係の中で過去の重要な関係を行動によって反復し(転移の一種)、それを扱うことで治療できるということ。現在の治療技法と直接的に繋がっている。おそらく扱うという点で解釈の内容に差が出て、自我心理学よりか対象関係論的になるかということはあると思うけれど。

その他、フロイトが精神分析家の治療態度がどうあるべきか、幼児期体験とはどのようなものであるかと考えていたことが書かれている。いわゆる分析家の隠れ身とか禁欲原則とか。注目すべきは分析家と患者によって再構成される幼児期体験は決して全てが現実に即したものではなく主観的に患者によってそう体験されたということであると指摘している点だろう。

しかし、フロイトの治療技法ではやはり客観的な立場にいる分析家が患者の無意識を再構成していくというモデルが成立している。現在では相互に影響を及ぼしあってコミュニケーションをしているというモデルが優勢だろうけれども。それでも治療者は最初にまずフロイト的な治療技法を身に付けるべきだろうと私は思う。そうでなければ治療的な相互コミュニケーションと治療者の病的な面からの患者への影響を区別することができないだろうと考えるからだ。この点は転移・逆転移―臨床の現場からの初めに書かれている2種類の例が教訓だろう(絶版だけれども良書です、見つけたら即買いをしてもいいんでは)。

posted by hiro at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神分析セミナーU

精神分析セミナー 2 (2)

 

副題は精神分析の治療機序。

主にメニンガーの精神分析技法論を題材にして先生方が講義をしている。メニンガーはアメリカの精神分析家でばりばりの自我心理学よりではないけれど、やはり自我心理学っぽい考え方をしていると思う。治療契約を重視している点はおそらく現代とあまり変わらないだろうけれど、メニンガーは治療的退行を治療機序として重要視している。私は前に松木先生の論文を読んだこともあり、退行は転移と表裏一体化しているので、転移の方を治療機序としては重要と思うけれど。しかし本書の中で先生方はメニンガーを題材にしているとはいえ、やはり当時の最新の考えを入れてきているので、転移の重要性もかなり語っている。そのような点は治療機序の変遷が垣間見えておもしろいかもしれない。

またメニンガーは治療における欲求不満が治療を進める原動力だとしているところが私としては目新しかった。あまり治療における原動力は何かということを考えていなかったけれど、いわれてみると確かにそうである。この点はあまり現在でも変わらないのではないか。治療者の失敗が意味あることとされているし。しかし、あくまでwantの欲求不満を維持するのであってneedの欲求不満は起こさないべきだろうと思う。おそらくこの点の見極めが実際の臨床ではかなり難しい点だろうと思うけれど。

さらに時代性もあるのだろうけれど、ビオンやウィニコットの名前が皆無と言っていいのが驚きである。おそらく対象関係論的にではあるけれども、まず治療機序といえばストレイチーの精神分析の治療作用の本質という論文が欠かせないだろうし、その後に先の二人の発展があって現在の治療機序の話になると思う。つまり転移をhere&nowで解釈することがなぜ効果的なのかということである。実はこの点は次の3巻にかなり描かれているように感じる。

 

あまり関係ないけど、やはり北山先生の書き方話し方は北山先生だという感じがします。

posted by hiro at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。