2006年11月12日

道草

道草


夏目漱石の晩年の小説です。高校生の頃に夏目漱石に夢中になった時期がありまして実家においてあったのですが、夏休みに本を大量に実家から持って来た中にあったので久しぶりに読み返してみました。

この小説は夏目漱石の私小説といえるものですが当時他にあった私小説とはちょっと毛並みが違うような感じがします。他の私小説が自分の過去や醜さを感傷的に描いているのに比べると、もっと冷徹な目で描いているように思います。自分をただの一人の人間として客観的に描こうとしている、そこに批判を加えようとしているという印象を受けます。
この小説の主題は夫婦関係らしいですが、お互いに歩み寄ることを知らない夫婦が描かれています。明治という時代を背景とした西欧風と日本風の文化、考え方の混じり合いと葛藤があります。夏目漱石は英国に留学していたので他の人に比べても相当悩まされていたと思います。
けれども、それを差し引いてみても夏目漱石の当時の(一生を通してかもしれませんが)心身に病んでいる姿が描かれています。病んでいるというか捻くれていて頑固であるというか。困難を感じていたことは間違いないでしょう。漱石の気質は西欧に触れたからということだけではなく、本書に描かれているような幼少時の環境の影響も少なからずあると思います。養父母から必要以上に干渉を受けた主人公は自分を保つためにも頑固になり、周りと一線を画さざるを得なかったのかもしれません。

本書を読んでいるときに友人から夏目漱石のどこが好きかと問われ、その主人公の偏屈な性格、夫婦関係の微妙なすれ違い、夏目漱石自身が精神的に病んでいたことなどをあげたところ、病んでいる人が好きなのかと聞かれました。一瞬答えに窮してしまいましたが、おそらくそうなのでしょう。これから先病んでいる人々と付き合っていきたいと思っているのですから。それでもその瞬間に客観的になったところ、病んでいる人が好きだというのはやはり何か私自身も変な気がします。少なくともその友人にはちょっと変人に見えたことでしょう。
posted by hiro at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。