2006年11月09日

あるヒステリー分析の断片

あるヒステリー分析の断片?ドーラの症例





明後日テストなのですが、現実逃避に書きます。
先日の勉強会にて読んだ本。分析会の大御所の先生に来て頂き実りのあるものでした。

フロイトの数少ない症例報告の中でもかなり初期のもので、フロイトの失敗の症例でもある。考察すべき点は多いと思うが、個人的に気になった悪い点と良い点を順に列挙。続きを読む
posted by hiro at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。