2006年10月26日

実習体験

もう一月ほど前ですが、介護老人保健施設に実習に行ってきました。

一週間だけだったのですが、このような施設に実習として行ったのは初めてだったので色々とおもしろい体験ができました。実習といっても行う内容はボランティアの方がやるような範囲だったですが。
一番多かったのは利用者の方と交流して話を聞く時間でした。私はお年寄りの方と会話をして交流するのは基本的に祖父母以外とは経験していないので、貴重な体験でした。とても、とても当たり前のことですが、人が生きてきた歩みの中には様々な体験があります。その歩みが長いほど体験の数も多いものです。私が聞いたお年寄りの方々も本当に多くの体験をしてきて、その中を一生懸命生きてきていることを実感しました。会話がなければ単なるそこにともにいるだけのお年寄りの方ですが、会話をすればその人だけのこの世に一つしかない生を歩んできた人間が鮮やかに厳然と立ち現れてきます。その人たちは今の私の時代からすればより生命の危機に直結した暮らしを歩んできていました。私からすればその世界を生き抜いていくことも想像できないし、その人たちと同等に自分もこれからの生を歩んでいけるのかと考えてしまいました。そこにいる方は私がとても追いつけないような世界にいる先輩でした。
また認知症のある方とも交流しましたが、認知症に対するイメージが変わりました。私の周りに認知症のある人はいなく、私の中のイメージはマスコミから得られるようなイメージでしたが、決してその人たちは「様々なことがわからなくなってしまった」人たちではありませんでした。確かにわからないこと、覚えていないこと、被害的な妄想などは程度は様々でしたがありました。それでも、その部分を含めて過去と今を生きているその人らしさというものを感じ取ることができました。記憶が確かな部分も確実に存在し、そのお話をされるときには、とても生き生きとした活気のある表情をなさっていたのが印象的でした。私たちの現在でさえ無数の過去の積み重ねからできているというのに、現在に近い過去が保てなくともかつて最もその人が自分自身として生きてきた過去がある人は(過去が主観によって修飾されていたとしても)やはり現在において特別な存在なのだと思います。続きを読む
posted by hiro at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人的なこと・加齢

少し前に親戚の結婚式があって親戚が大集合しました。

最後に集まってから5年以上経過していたので、みんな変化をしていました。
まずは祖父母。かなり年を取られてしまった。この間までひょうひょうとしていて元気だと思っていたのに、いつのまにかに癌を患っていたり車いすに乗っていたり。私の中では元気なイメージだったのでショッキングでした。その前に介護老人保健施設に実習に行っていたので、そこの利用者の方々のイメージとも重なり。得るものもあるだろうけれど、どんどん何かを失っていくのだなぁと思いました。もっと祖父母孝行しようと誓いました。まずはもっと頻繁に会いに行くことだろうか。あとはきっと早めに結婚するなりなんなりして安心させてあげたい。
さらにショッキングだったのは年の近い従兄弟や兄の姿。基本的に彼らは少し年上なのですが、当たり前のように社会人してました。その社会人の姿がなんとも言えない。普通に通勤ラッシュの電車に乗っているサラリーマンのように疲れた姿を垣間見せました。そんな姿がショッキングであり、幻滅というか失望というか、とても残念な気持ちになりました。
何故そのような感情を抱いたのかと考えれば、たぶん私は彼らに対して憧れや尊敬の念を密かに持っていたのだろうと思います。ある意味では、いや当然のように、彼らは私にとっての目標だったのでしょう。その目標が目標でなくなる瞬間。心が痛かったです。
おそらく社会人の方からすれば兄たちのその姿は当然というか、責められるものではないのでしょう。実際、私も大学の先輩の方々が仕事で疲れていてもその姿にショックを受けません。それは等身大の先輩方を多少なりとも知っているからでしょう。それに比べると子供の頃から見てきた兄たちの姿は自分から遠く離れた存在だったのです。それが急に等身大の姿になってしまった。そこの落差が私のショックの大本でしょう。
そして私はあまりあのような姿になりたくはないとまで思ってしまいました。もちろん仕事で疲れることもあるでしょうが、自分の仕事に対してのプロフェッショナルな意識、常に進歩して行きたい気持ちを持ち続けたい。この時点で私は兄たちを等身大の人物として見ると同時に彼らを精神的に踏み超える一歩を出し始めたのかもしれません。偉そうなことを言ってますが。
両親が子供から超えていかれるように、兄弟の上も下から超えていかれるのかもしれません。確かにカインコンプレックスではないけれど、昔話においては下の兄弟が活躍する話が多いですね。
posted by hiro at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

トランスパーソナル心理学

少し前にトランスパーソナル心理療法という雑誌(現代のエスプリ)を読み終えました。トランスパーソナルという言葉にちょっと構えていたのですけど、小此木啓吾、河合隼雄、松木邦裕etc.の著名人も論を寄せていることもあって購入。ちなみにトランスパーソナルのトランスはtrans超えるであって、trance忘我的な恍惚、トランス状態ではないらしい。個人を超える心理学というところか。

本書によるとトランスパーソナル心理学の特徴は、人間存在を全体的存在としてスピリチュアルな側面を重視すること、古今東西の霊的な伝統を重要な資源とすること、神秘体験などのトランスパーソナルな体験の価値を認めていくこと、である。さらにトランスパーソナル心理療法と言うと、トランスパーソナル系のアプローチの総称、個を超えた体験を扱う心理療法、トランスパーソナルな観点を大切にする心理療法となるらしい。
しかし、個を超えた体験を扱う心理療法、トランスパーソナルな観点を大切にする心理療法となると、ほとんど深層心理学系の心理療法は当てはまるのではないか(本書でも暗黙裏に認められてきたとある)。アプローチとなると技法論になるので本当に別物だけれど。
そういう意味では昔から行われている心理療法とあまり変わりはないかもしれない。おそらく、その価値はわざわざそのような視点を打ち立てたところにあるのだろう。読んでいるとなんだかトランスパーソナルといっても結局は転移や投影同一化、世代間伝達などの概念でまとめられそうだけれど。この辺りは体験をどのように言語化、概念化するかにかかってきていると思います。共通のものを見ているけれどあてている言語が異なる感じ。
その意味でトランスパーソナル心理療法の危ういところは概念化するときに既存の宗教の単語を用いやすいところでしょうか。おそらく霊的な伝統を重要な資源とすることから始まっているとは思いますが、既存の宗教の単語を用いるところは、心理療法を宗教化する恐れもあるのであまり好ましくありません。もちろんかつての宗教に心理療法的側面があったことは当然ですが、心理療法が心理療法としてあるためには宗教的、ドグマ的になってはいけないと思います。心理療法は経験科学の枠の中に入るので、たとえケースというこの世にただ一つしかない特殊な事例を扱っていても幅広い検証は怠ることはできません。そうすることでケースを少しでも一般化できる訳ですから(と言われるけれど、ここのあたりは本当かどうか疑問)。
もちろん河合隼雄がよく言うスピリチュアル、宗教的な面は心理療法にあると思いますが、既存の宗教の用語を当てるのがよくないと思います。ただ、常に新しい言語を創造していくと現象の数に対して心理療法の流派の数があまりに多くなると思いますが。この点をどのように解消していくかは今後の心理療法の統合という課題でしょう。

今回読んでいて驚いたことは最早期にトランスパーソナル心理学を言い出したのはユング派の分析家で、かつて日本でトランスパーソナル心理学会が開かれたときに河合隼雄が奔走していたらしいこと。トランスパーソナル心理学は決して遠いところにあるものではないらしい。
posted by hiro at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュガー&スパイス

シュガー&スパイス














観てきましたよ。
柳楽優弥が主演で原作が山田詠美ということだけで私にとって観る価値があります。沢尻エリカはあんまり興味なしw

感想としては、初恋・初両思いはあんな感じかもなぁ、ということ。恋って何?という状態から、ちょっと自分にわくわくドキドキする浮き足立つような状態になって、同時に相手の気持ちが全然わからなくて振り回されて。でも、両思いになるとはたから見ればバカなことも最高に楽しいことに変わる。柳楽優弥と沢尻エリカが楽しそうに幸せそうにはしゃいでいる場面が印象的でした。その後の展開ではけっこう感情移入をしてしまい、あぁわかるなぁと自分の変化を感じました。
不満だったのは主人公がなぜヒロインに惹かれたのか、ヒロインの全体を通しての心の動きがいまいち理解できなかったこと。映画ですから一語一句説明してくれる訳ではないのは当然だけど。特にヒロインは理解できなかった。なんて軽い女性なんだと。なぜお前はそこでドアを開けるのかと。友人は「ああいうのが世の中の普通ではないか」と言っていたけれども。普通の世界についていけませんw
それでも、きっとヒロインみたいな女子大生は世の中にいっぱいいるんだろうな。沢尻エリカはかなり似合ってた。映画賞を総ナメにしたわりには演技自体は特に目を引くものではなかったけれど。
主人公の友人たちの恋愛も主人公の恋愛の質の変化を描くのに効果的でした。恋愛って人の数だけ形があるものだと思います。

原作はまだ読んでないのでそのうち読みたいと思います。
posted by hiro at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

占い

友達がやっていたのでやってみました。占いというか心理テストみたい。
http://www32.ocn.ne.jp/~emina/

結果
ISFP型:見ているだけで口は出さない
つねに傍観者であろうとするが、他人に対する愛情や感じやすい心がないわけでもなく、人生を楽しむ気持ちがないわけでもない。

どのタイプよりも、自分自身にも自分のまわりの世界にも関心がある。

ISFP型は人を指導したり支配したいという気持ちがあまりない。
植物でも動物でも人間でも、協調して暮らしている姿を見たいという気持ちが強い。

相手に押し付けがましく干渉するのではなく、側面から励まし、相手の能力を発揮させてやりたいと思う。

まわりの人の暮らしにはそれぞれ本来の境界があると考え、それを尊重するあまり、人によっては他人に制限や枠を課さざるをえないこともあるのがなかなか理解できない。

押し付けがましくない性格から、一見、指導力に欠けているように見えるので、ほかの人から無視されたり、ごり押しされてしまいがちだ。

ある意味では、十六のタイプのうち、もっとも目立たない存在である。

F型(温かい、世話をやく)とP型(心が広い、柔軟性がある)は、伝統的に女性的と考えられている特徴であり、I型(じっくりものを考える、無口)とS型(実際的、根拠に基づく)は伝統的に男性的と考えられている特徴である。

この四つの性格があいまって、リーダーシップをとったり影響力をふるうタイプではなくなる。

世間とのかかわりでも何かを変えたり支配したがるところがなく、あるがままに受け入れる。
だから、ISFP型は男性でも女性でも、人にあまり強いイメージを与えないし、本来、人と張り合わない。

ISFP型の男性はさまざまな役割をきちんと果たし、尊敬される。世話をやいてくれる男性を求めている人には、このタイプがうってつけだ。

ISFP型は女性も男性もしばしば自分を過小評価する。だから、お世辞を言われると、「そんなつもりでは」とか「ただの偶然ですよ」としりぞけてしまう。

親子関係
親としては、子どもを支配するのではなく、子どもとうまくつきあおうとする。
そこで、P型の傾向の強い子どもは、放任されすぎて、いささかタガがはずれてしまう。

一方、指示や指導を求めたがるJ型の子どもはフラストレーションがつのる。

違うタイプの子どもにとっては、あまり支配したり影響力をふるおうとしないISFP型の親を理解しにくい。

親としてはもっと伸び伸びと成長させるつもりなのだが、もの静かでおだやかなので、もの足りなく思われてしまう。

子どもから見れば、ISFP型の親はいつもそれとなくそばにいて、子どものやりたいことをくみとり、成長を支え、喜んでくれる。

「愛情」は言葉で表現するよりも、いろいろなやり方でそれとなく示す。
手作りのクッキーや手編みのセーターは、「愛している」というしるしなのである。

こうしたやさしい態度で愛情が伝わるので、子どもは親から愛されているとわかる。

ISFP型の子どもはしばしば、どこといって特定の場所を目ざすわけでなく、のんびりと興味の向くまま探検をする。

ひとりでいるのが苦にならず、決まりや時間や家族の事情など気にせずに、自分のまわりの世界を探検するのである。植物や動物も兄弟姉妹や両親もその世界の一員なのだ。

ISFP型の子どもは、P型の面でほかの家族と歩調が合わない。

食事の時間だというのに遊んでいたり、みんなが車で出かけようとしているのにテレビを見ていたり、友達が迎えにきたのにおもちゃを片づけていたりする。

両親や兄弟や教師を喜ばせたい気持ちは十分にあるが、往々にして、相手をうんざりさせ、いらいらさせるようなやり方をしてしまい、「何をやってもだめな子なんだから」といわれてしまう。

S型なので、概念や理屈にはあまり関心がなく、実際的なことに興味を示す。

「どんなふうに見えるか」「触った感じはどんなか」「それを使って何ができるか」「どんなふうに動くのか」といったことには、ぱっと関心を見せるが、理論となると興味がなく、反応も鈍いので、往々にして「覚えが悪い」とか「ぼんやりしている」といったマイナスのレッテルをはられてしまう。

このレッテルは正しくないのだが、そのせいで上級の学校へ進学させてもらえない傾向がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんかかなり当たっている気がして怖いんですが…。
posted by hiro at 23:48| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

忘れないための記録

まだしっかりまとめきれてないことたちを忘れないためにちょっと書いておく。

ちょっと時間ができたらきちんと膨らませて書いていきたい。
・老人介護施設での実習体験
ええ、施設実習というので行ってきました。お年寄りの方と交流したり、お世話をさせて頂きました。いろいろ考えること思うことがあったのですが、また今度。

・体験、言語、オリジナリティについて
体験を如何に言語化して、さらにオリジナリティを持たせるか。これは言語論、および心理療法論に発展させたい考えです。

・年を取ること、成人することで得られることと失うこと
最近親戚と関わることが多かったのでふと考えました。これはかなり個人的なものになりそう。でも、書く価値はあるのではないかと考えています。

・トランスパーソナル心理学について
今読んでいる本の関係です。なかなかにおもしろい。今までとっつきにくそうでトランスパーソナルという言葉だけで逃げていたのですが、指向的には私の目指しているものと似ている気がします。

乞うご期待?
posted by hiro at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

便利な世の中

Skypeというものを手に入れました。

無料通話のアプリケーションなんですけど、とても便利。無料なのはもちろん、私のパソコンには内蔵マイクがついていて、横で勉強してお茶を飲みつつただしゃべるだけで普通に通話できる。電話みたいに受話器を持っている必要がないし、ヘッドフォンマイクをつけることもない。いや、便利な世の中です。
posted by hiro at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

lady in the water

ladyinthewater














lady in the water

観てきました。
うーん、ぶっちゃけいまいち。感想としては中途半端の一言につきると思う。おとぎ話チックでファンタジー?なんですけど、やりきれてない感じがしました。
映画は基本的にフィクションなんで本当のリアリティは求めなくていいと思うんです。リアリティに変わる何かを与えることができれば。それが例えばエンタテイメントであったり、ホラーであったり、考えさせるようなことであったり。
その考えでいけばおそらくファンタジー映画はエンタテイメントか考えさせるようなことを与えるのに二分されると思います。例えばハリーポッターとかは純粋にエンタテイメントだと思うし、ジブリはエンタテイメントでもあるけどむしろわけのわからなさ、象徴的な表現を用いて考えさせることが主体になっていると思います、特に最近の傾向として。
本作はどちらを目指しているのかがわからないんです。エンタテイメントと呼べるほど盛り上がりとか単純に楽しめるベタな展開はなく、考えさせるほどの象徴的な表現とか台詞とかがあるわけでもない。
でも、先ほど調べてみたらもともとは自分の子供のために作ったお話らしい。その点を考えるとこの中途半端さ、わからなさもちょっと納得できるかも。不思議の国のアリスとかを顧みてみると。アリスの方が絶対にエンタテイメント性が高いけど。

最近レビューの記事が多いですね。本当は考えていることもそれなりにあるのですけれど、書くまとまった時間が取れないのです。そのうち書きます。
posted by hiro at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

裏庭

裏庭


家守綺譚を読んだこともあって、梨木果歩の裏庭を読み返してみました。

前回は人に勧められて読んだのだけれど、それなりに面白いなと思ったと同時に意味の分からなさというか、ある種の退屈さも感じました。
おそらくその退屈さはこの本の梨木さんは冗長的であることと、前半の物語の進み方がとてもゆっくりとしていることも影響していると思います。
アェルミュラあたりから物語が加速度的におもしろくなって離れられなくなるけれど。

今回も前半はどうしても集中できなかったけれど中盤からもう考えさせられることが多くて、読み返して本当に良かったと思います。
心理療法に通じるもの、というよりもある種の人間観と言えるものがそこかしこに出てくるのだけれど、それがとても心身に深く行き渡るように私に澄み渡りました。
本の主題は女の子の成長なのだけれど、その成長は思春期を通り過ぎていく成長というよりも、もっと深く大きい人間的な成長だと思います。
だから女の子の思春期心性も出てくるけれども、別に女の子でなく、男性女性問わず成人していてもこの本からは自分が成長するために価値あるものが得られるんではないでしょうか。

「傷を恐れるな」「傷に支配されるな」「傷は育てていかねばならない」
作中に登場する、この言葉は成長していくためになくてはならないものなんでしょう。
最近の風潮としては逆の「癒し」が流行っているけれども。けれど「癒し」は傷を育てていった先にあるものなんではないかと思います。
成長は決して楽なものではなく、むしろ傷付いていく道なのかも知れません。
臨床家を目指す身としては「自分の傷と真正面から向き合うよりは、似たような他人の傷を品評する方が遥かに楽だもんな」という言葉を噛み締めていきたいと思います。

「真実なんて……。真実なんて……。一つじゃないんだ。幾つも幾つもあるんだ。幾つも。幾つも。幾つも。そんなもの、そんなもの、つきあってなんかいられない。」
「真実が、確実な一つのものでないということは、真実の価値を少しも損ないはしない。もし、真実が一つしかないとしたら、この世界が、こんなに変容することもないだろう。変容するこの世界の中で、わしらはただわしらの仕事をもくもくと続けるだけじゃ。それがわしらの『職』なのだから。変容する世界に文句をつけるより、その世界で生きることをわしらは選ぶよ。」
ちょっと長く引用してしまったけれど、この会話はやはり一つの真実を言い当てていて、とても価値ある会話だと思います。
真実なんて一つじゃないし、確かなものなんて一つもないけれども、それでもやはり生きなきゃならない。
当然といえば当然ですが、その当然であることが一番大切だと感じます。

以前読んだときよりもかなり印象が強く残っているんですが、それは私が少しでも傷を育てて成長できたからでしょうか?
そうだといいな。
どうでもいいけど、解説は河合隼雄が書いています。
彼の容体はどうなったのでしょう…心配です。
posted by hiro at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

alfred and cavity

alfred and cavity


私が聴愛するバンド、the band apartのNew album。
今作も前作に劣らず、むしろ前作よりも音楽性が進化していて、とても聴きごたえがあります。
このバンドの好きなところは、ギターのカッティング・裏メロ・アルペジオの美しさです。音それ自体はかなり尖っていて荒々しいのに、そのハーモニーはきらきらしていて美しいものがあります。歌のメロディラインも極端に印象づけるようなものではなく、ふわふわしているような揺らぎがあるように感じますが、それがまたよい。ドラムやベースを含めて全体的に音は澄んでいるわけではないけれども凛としてピンとはっている感じ。緊張感が感じられます。
今作には捨て曲などないのではないかというくらい良曲ぞろいです。一聴の価値あり。
posted by hiro at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。