2006年09月24日

治療と管理

この週末はボラの合宿に行ってきました。

ボラは知的障害者の方と関わるもので、今回は知的障害者の方と関わらないボラだけの研修という合宿でした。そこでは児童精神科医の方から自閉症についての講義を聞きました。基本的に知っていることばかりだったのですが、久しぶりにTEACCHプログラムのビデオを見ました。
TEACCHとかを見て毎回考えてしまうのは治療と管理の違いです(実際問題全ての治療は管理とつながっていると思いますが)。自閉症の子はコミュニケーションを言葉ですることが難しいので、他の方法でコミュニケーションを取ることができるようになり作業もできて将来社会参加することができるようになるように。とても素晴らしいことです。しかし、ここにはどんな人間も社会参加して働くことが当然という人間観があると思うのです。健康な人と同じように、別の形ででも社会参加できるようにすること。管理的な要素がどうしても潜んでいるような気がします。
TEACCHプログラムも日本で広まっていますが、アメリカ(ノースカロライナ州)でTEACCHが始まったのにはプラグマティズムとプロテスタンティズムがもともとあるのが大きいような気がします。実利的であり、なおかつ働かざるもの食うべからず。日本は比較すると社会で生かそうとするよりも家族で抱えるというような文化がもともとあるような気がします。家族で抱えればあまり管理は関係ないでしょう。家族だから認められるということがあるような気がします。ただ家族の負担がとてつもなく重くなることと家族がいなくなってしまった時に本人が生きていけるのかという問題がありますが。日本もだんだん家族から社会への比重が重くなってきたと思います(介護保険しかり)。ただ社会で生きるということは他の構成員に迷惑をかけないようにするということで、やはり管理的な要素が存在するようになってきてしまいます(極端な話、教育自体がある種の管理・洗脳です)。
結局社会で私達自身が生きている以上、管理という視点は排除することができないものですが、自分が行っていることに管理的要素が潜んでいることに気付いていること、なぜ自分はそのような管理的行動を行っているのかということを考えていくことがおそらく重要なのだと思います。正解の答えなんかでないしね。自分自身だけの答え、真実を持つことが大切。

児童精神科医の先生とは他にも精神療法のことや心理士のことについて語り合いました。フランクなとてもいい先生で、今度先生の診療に陪席させて頂けることになりました。臨床は実践知なので直接観察ができることはとても役立つでしょう。楽しみです。
posted by hiro at 18:13| Comment(9) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。