2004年12月10日

精神分析的理解

今日はハウルの動く城を観てきました。

感想。おもしろかった〜。なんかすでに観に行って来た人たちの間では、微妙とかつっこみどころ満載、話のつながりがよくわかんない、という評判が多く結構心配していたのですが、終わってみればあまりつっこみどころもなく非常に楽しめました。みんなはどこにつっこむのだろう?それとやっぱり映像が綺麗だった。宮崎アニメっぽい綺麗さ。小さなこだわりとかが随所にみられてとても見応えありました。宮崎さんは止める止めるって言いつつ、何作も作っています(笑)これからもおもしろい作品をいっぱい作っていって欲しいものです。

少し前に講義で千と千尋の神隠しを精神分析的に観ました。そして、今回のハウルも精神分析的に観れそうで、色々とおもしろかったです。splittingとかPS positionとかD positionとか色々と想像できます。もしかしたら、つっこみどころがあんまり思いつかないのはこれを軸にして考えている部分があるからかもしれない。
posted by hiro at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。