2004年10月02日

手話付け

今日は部室で手話付けをしました。

花風をめぐって、解釈が分かれました。別れた説と遠恋説と。解釈の違いで手話付けが異なってくるので、重要な違いなのです。が、決着が付かず、保留に。後はSignの手話付けをしました。なんとも難しい手話付けでした。一応終わりましたが、きっとまた変わることでしょう。手話付けとはそういうものです。より良いものを求めてどこまでも。
夜は流れでさときと飲みました。2杯だけだけど。おもしろかったです。さときとはこうやって2人で話したことがあまりないので。
posted by hiro at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。