2004年09月24日

帰ってきました。

ちなみに昨日。旅行記もあげてみました。

今日はきこえで点字図書館に見学に行ってきました。点字図書館はとてもおもしろい所でした。実際に点字の本とか録音室とかを見せてもらったり。普段はあまり気にも止めないけど、きっとこういう人たちの地道な働きで私たちは生きていけるのでしょう。たとえ目が見えたとしてもね。ちなみにまめ知識。英和辞典は点字にすると100冊になる。
そのあとはいつものバイト。このバイトはなかなか疲れます。はっきり言って。もちろん肉体的な疲労というものは全くないんだけど、精神的なものがね。2時間の間に不快感を感じたり、とても楽しくなったり。心の動きがなかなかに激しいのです。


カードゲームとはなかなか難しいものです。
posted by hiro at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戯言

いつも不安を感じています
それは消えることがない
何かのはずみですべてが壊れてしまうのではないか
いつも不安に苛まれています

自分は強い人間だと思っています
反面とても弱い人間だとも思っています
ほぼ毎日涙を流します
止まることはありません
目から零れていなくても
心から零れています

独りで生きていけると思っています
それでも独りでは生きていけないと思っています
寂しさにかられます
それでも人はウザイとときどき思います
人は好きです
でも人は嫌いです

毎日の絶え間ない心の混乱に疲れています
いつも両極端にふれる壊れた計りのようで
そんな時はこの命が早く消えないかと切に願います
こんなにもめんどくさいことに悩まされるなら
いっそのことすべてが終わってしまえばいいのにと

未だに生きる意味も目的も見つけられません
何を求めてこの先を生きていけばいいのか
まったくわかりません
それはもはや苦痛となります
もはや何も求められません

いっそのことすべてを捨てればいいのか
そんな衝動にかられます
そんなことはできません
弱い人間だから

生きる目的を与えてくれたなら
神にでも膝間づこう
自分の中にはもう見つけられないから
「30までに自殺をして死ぬ」
中学の時に友達に言った言葉が
呪いのように心にまとわりついています

こんなものが弱音だとはわかっています
人はそれを吐かずに頑張っているのだと
それでも少しだけでも吐かせてください
そうしないとやっていけない種類の人間なんです
posted by hiro at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。